オーストラリアセカンドワーキングホリデービザ代理申請

eVisaセンター

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:21,600円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明


お客様へ重要なお知らせ



セカンドワーキングホリデービザの申請を希望されている方は、オーストラリア時間の2015年8月31日より規定労働(specified work)に新規雇用契約の元、従事される場合には有給での労働でなければならなくなりました。

またセカンドワーキングホリデービザ申請時には給与を受け取っていた証明として全労働期間分のpayslipsの提出が必要となりました。

但し2015年8月30日及びその日以前より既にWWOOF等にて無給・ボランティアにて規定労働(specified work)に従事しその雇用契約が2015年8月31日時点で続いている場合に限り、その期間分のpayslipの提出は免除され、セカンドワーキングホリデービザの申請を行っていただけます。このようなケースに限りpayslipsの提出が免除されセカンドワーキングホリデービザの申請が可能となります。

(例)2015年8月15日よりWWOOF等にてボランティアワークを開始され、2015年8月31日現在もそのボランティアワークの雇用契約が続いていて、同一雇用主の元そのボランティアワークが2015年9月24日で完了したた場合、2015年8月15日から2015年9月24日分のpayslipの提出は免除されます。




元オーストラリア大使館ビザ査証課マネージャーによる安心代行

任せて安心

オーストラリアセカンドワーキングホリデービザのことなら、オーストラリア大使館にてワーキングホリデービザの審査発給責任者をしていた元オーストラリア大使館ビザ査証課マネジャーが運営する、当eVisaセンターへ是非お任せください!!

普通のエージェントに依頼するのがいいのか、
それともオーストラリア大使館で実際にワーキングホリデービザの発給可否決定を行っていた専門知識と経験豊富な元ビザ審査官に依頼するのがいいのか・・・答えは簡単ですね!!




←よくあるご質問はコチラを御覧下さい


©Tulane Public Relations ©Sterling College





オーストラリアセカンドワーキングホリデービザとは?



オーストラリアセカンドワーキングホリデービザとは?

既にオーストラリアのワーキングホリデービザを使ってオーストラリアに滞在中に移民局規定の地方都市での特定労働に有給で3ヵ月以上従事された方に、
ご褒美として新たに1年間まで滞在が可能なワーキングホリデーを発給するという制度がこのセカンドワーキングホリデービザとなります。




オーストラリアセカンドワーキングホリデービザ代理申請・ビザ代行料金



オーストラリア海岸イメージ

お一人様一回の代行につき21,600円



*上記料金にはオーストラリア移民局へ支払うビザ申請料金は含まれておりません。

オーストラリアセカンドワーキングホリデービザ代理申請料金のお支払いはクレジットカード決済、Paypalまたは銀行振込のいずれかご希望な支払い方法をご選択いただけます。
お支払いいただきますオーストラリアワーキングホリデービザ代理申請料金に含まれるサービス内容はこちらをご確認ください。



決済方法
お支払いは
  • クレジットカード
  • PayPal
  • 銀行振込
からお選びいただけます。

詳細はお申込み手続きの流れをご覧ください。





オーストラリアセカンドワーキングホリデービザ申請から取得までの流れ



ビザ申請から取得まで簡単3ステップ!!
ステップ1


お申し込み手続き


ご希望のビザ代理申請サービスのお申込手続きに進む


ご希望のビザ代理申請サービスのページから、お申し込みの流れに沿って、お申込手続きを進めて下さい。
お申込手続き完了と同時に
「お申込確認メール」が自動返信されます。
速やかに内容をご確認の上、次のステップへお進み下さい。

メール
ステップ2


オンライン質問書作成


お申し込み確認メールの案内よりオンライン質問書を作成


パスポート番号等をお知らせいただく際に、日本語で作成していただくのがオンライン質問書です。オンライン質問書作成ページは「お申込確認メール」の中でご案内させていただいております。このオンライン質問書が確認出来次第、代理申請を開始させていただきます。 メール
ステップ3


ビザ許可通知書を確認


当センターより送信されたビザ許可通知書の内容を確認


当センターよりビザ許可通知書をお客様へ電子メールで送信させていただきます。ビザが正しい内容で許可されていることを、お客さまご自身で必ずご確認下さい。
間違いなければ後はご出発するのみとなります。お気をつけて行ってらっしゃいませ。


メール



オーストラリア セカンドワーキングホリデービザ代理申請・ビザ代行お申込み対象者



オーストラリア セカンドワーキングホリデービザ代理申請・ビザ代行お申込み対象者
  • 既にワーキングホリデービザを使ってオーストラリアへ滞在したことがあり、その滞在中に移民局規定の地方都市にて特定労働に有給で3ヵ月以上従事したことを移民局規定のフォームを使って証明出来る方


  • ABNのある企業で就労した方。ABNが無い企業で働いた方のビザ代理申請はお受けできません。


  • 下記にある国・地域のパスポート所持者でワーキングホリデービザ申請時に18歳以上30歳以下(31歳は申請不可)の扶養義務のある子供がいない方。

    • 日本
    • 韓国
    • 香港特別行政自治区(SAR)パスポート
    • British National Overseas
    • 台湾
    • ベルギー
    • カナダ
    • キプロス
    • エストニア
    • フィンランド
    • フランス
    • ドイツ
    • アイルランド
    • イタリア
    • マルタ
    • オランダ
    • ノルウェー
    • スウェーデン
    • 英国(Citizen passport)

    日本にお住まいの韓国人や台湾人のお客様もビザ代行をご利用いただけます。

    もし扶養する子供がいても、オーストラリア セカンドワーキングホリデービザが有効中に扶養義務のあるお子様がオーストラリアへ一切渡航しないのであれば、オーストラリアのセカンドワーキングホリデービザ申請は可能です。その場合オンラインビザ申請(eVisa)ではなく在ソウル・オーストラリア大使館への郵送申請が必要となります。扶養義務のあるお子様がいらっしゃる方でセカンドワーキングホリデービザ代理申請・ビザ代行をご希望の場合には別途お問い合わせください。


  • 逮捕歴や犯罪歴の無い方




オーストラリアセカンドワーキングホリデービザ申請条件



  • 当初6ヵ月分の十分な資金(A$5,000)を所持していること。


  • オーストラリアセカンドワーキングホリデー滞在後に行く次の国までの航空券を所持しているか、もしくはその航空券を購入できる資金を所持していること。


  • ビザ申請時にオーストラリア国外に居る場合には、ビザが許可されるまでオーストラリア国外で待機すること。ビザ申請時に既にオーストラリアに滞在している方は、ビザが許可されるまでオーストラリア国内に滞在していること。



パスポートの残存有効期間



オーストラリアのセカンドワーキングホリデービザ申請時に

最低6ヵ月以上残存のあるパスポートが必要です。

eVisaセンターではオーストラリアのセカンドワーキングホリデー滞在を終える予定日までカバーした有効なパスポートを事前に取得され、セカンドワーキングホリデービザ申請されることをお勧めしております。



オーストラリアセカンドワーキングホリデービザ代理申請・ビザ代行にかかる一般的な日数



オーストラリアセカンドワーキングホリデービザ取得所要日数

4〜12週間程度が一般的。

場合によっては追加書類や健康診断受診の請求を受ける場合もあるため、更に時間がかかる場合もあります。どうぞお早めにセカンドワーキングホリデービザ代理申請・ビザ代行にお申込みください。




よくあるご質問はコチラを御覧ください。→




商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません