【通信】SPI模擬試験

クイック教育システムズ

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:2,000円(税込)

  • タイプ::

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

このSPI2模擬試験は、本試験を詳細に分析・解析した結果に基づいて作成されたものであり、本試験対策のために最も優れた模擬試験であると自負しています。
このことは、約30の大学・短大様で採用されている実績にも現れています。

※模擬試験は3タイプ用意されています(Type.D、Type.E、TypeF)。
大学・短大で受検したものとダブらないように選択してください。

SPI2試験の実状と対策について説明します。

1)SPI2試験のルール

SPI2試験の中でも、もっとも広く使われているSPI2-U試験は以下のような科目・出題数・試験時間で実施されています。

  出題数 試験時間
言語分野 40問 30分
非言語分野 30問 40分

表を見て分かるように、SPI2試験は露骨な「時間勝負」の試験です。
SPI2試験の出題パターンや、問題の解法を理解したとしても、本番で試験時間内に間に合わなければ、得点・ランクとして評価してもらえません。

2)SPI2試験の対策方法

SPI2対策の最終段階では、本試験と全く同じルールの模擬試験を受検することが必須になります。本試験と同じルールというのは、以下の3点が充たされていることです。

  1. 本試験と同じ試験時間
  2. 本試験と同じ問題数
  3. 本試験と同じ出題傾向

3)SPI2模擬試験の選択方法

SPI2に関する模擬試験の必要性は広く認められていて、そのために、
★大学・短大の学内で模擬試験が実施されたり、
★市販の対策本に模擬試験編が用意されていたり、
するわけです。

しかし、残念ながら、これらの模擬試験の大部分は本番と全く違う内容です。
こんな模擬試験で対策をしても、全く意味がありません。

模擬試験を受検する際には、以下の項目をチェックし、全てを充たしたものを選んでください。

【SPI2模擬試験のCheck Point】

  1. 本試験と出題数はあっているか? 
    (言語40問・非言語30問がSPI2-U試験の標準です)
  2.   本試験と試験時間はあっているか? 
    (言語30分・非言語40分でなければ模試の意味がない)
  3.   問題が大問と小問に分かれている形式か?
      (1問1答式の問題ではシミュレーションになりません)
  4.   図形に関する問題が出題されていない? 
    (本試験では図形問題はほとんど出題されません) 
  5. 「推論」の分野に関する出題がある?
      (本試験ではどの並行版でも100%出題される分野です)
  6.   問題文や解説書を持ち帰ることができる?
      (問題を回収する業者の模擬試験では復習ができません)
  7.   解説は理解しやすく丁寧なものか?
    (復習する人のレベルにあった解説でなければ復習ができません)

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません