映像クリエイターの仕事 未来を創る君たちへ  映像塾プロジェクト=編

古本あんこ〜る

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫数 1点]

販売価格:1,200円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

シネマハウス  1998年3月  程度A  サイズ19cm 249p   定価2,136円  ISBN4-7952-2056-5

独創的な映像のスペシャリスト=プロデューサー、シナリオライター、ディレクターを育成する「映像塾」の講師、深作欣二、若松孝二らによる講義集。新時代を担う若き映像クリエイターへ贈る1冊。

<目次>  映像クリエイターになるための条件―創造的価値観の構造=中村幻児(映像塾代表・監督)      創ることの意味=若松孝二(映像塾顧問・監督)    監督私論―シナリオの行間から何が見えるか=崔洋一(監督)    映画『トカレフ』にいき着くまで=阪本順治(監督)    映画ができるまで(1.フィルム・カメラ・レンズについて/2.シナリオをどう映像化するか)=高間賢治(撮影)    カメラマンの視点=佐々木原保志(撮影)    照明の仕事―画面づくりの光彩(対論)=矢部一男(照明)    企画の発想法―視聴率の高い企画とは=野沢尚(脚本)    プロデューサーから見たシナリオ=増田久雄(プロデューサー)            わが映画の原点―映画監督という仕事=深作欣二(映像塾顧問・監督)

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません