立花隆のすべて  (文藝春秋1996年11月臨時増刊号)

古本あんこ〜る

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫数 1点]

販売価格:600円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

文藝春秋  1996年11月  程度A 表紙の一部に値札をはがした跡あり  サイズ26cm 208p  定価780円

CONTENTS
立花隆巻頭メッセージ「好き嫌いこそすべての始まり」〜好奇心を満たすためのお手本などはない。まず、知りたいという気持ちを大事にすることだ〜
徹底ロングインタビュー:「橘隆志」が「立花隆」になるまで/「田中角栄研究」と「日本共産党の研究」/ロッキード裁判への執着/なぜ「宇宙」へ、そして「脳」へ/インターネットの現在と未来
語られなかった「原点」:「青春ヨーロッパ放浪記」〜苦心惨憺して集めたわずかなお金と反核映画を持って僕たちは出発した〜
〔「立花隆」とはなにか?〕 梅原 猛「ソクラテス的意味における哲学者」/野坂昭如「あとは吉永小百合だけ」/筑紫哲也「まれな種族」  他

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません