2009-136秋葉大権現-1000

仏画工房 楽詩舎 ネットShop 白描画の倉庫

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:1,000円〜130,000円 (税別)

  • この商品は、選択内容によって価格が変わる場合があります。
  • 作品形態(バリエーション):

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

A3サイズ和紙 モノクロ印刷 白描画
秋葉三尺坊大権現ともいう。古くより、神仏習合の火防(ひよけ)・火伏せの神として広く信仰されている。秋葉三尺坊大権現は信濃の人で、母が観音を念じ誕生し、6歳の時に出家、阿舎利となり、越後国古志郡蔵王堂十二坊の三尺坊の主となる。不動三昧の法を修め、七日満願の朝、焼香の火焔のなかに鳥の如く両翼を生じ、左右の手に剣と索を持つ形相を感得し、一法を編み出し、自ら本尊たらんことを思い、思惟すると煩悩生死の業が滅尽して、飛行神通自在となり、一匹の白狐にまたがり、飛行して南下、遠州秋葉山に止まった。ときに空中に声があり、「種々形をもって諸国土を遍歴、衆生済度する」という唱えごとが聞こえたという。明治の神仏分離令により、秋葉山秋葉寺は解体し、三尺坊大権現は袋井の可睡斎に移り、秋葉山は秋葉神社だけとなった。

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません