すべて新たに

あめんどうブックス

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:1,080円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

訳者:日下部拓
四六版 並製104頁

「ソリチュード(独りになること)」と「コミュニティ(共に生きること)」の両者を豊かな霊的生活の欠かせない要素として紹介するスピリチュアル・ライフ入門書

他の写真

──この二、三年の間に多くの友人から、「あなたがよく話す、スピリチュアル(霊的)な生き方とは、どういう意味ですか」という質問を、ことあるごとに受けてきました。短時間で読むことができ、かつ霊的な生き方とは何かを説明するだけでなく、「実際に自分もそんな生き方を始めてみたい」と思わせる冊子があっても悪くないと感じていました。そんな気持ちから、この本を書くことにしました。
──私たちは、思い煩いでいっぱいの世界で暮らしています。多くのすべきことや心配事で占められ、同時に退屈で、恨みがましく、気が重く、しかもひどい孤独を感じています。このような世界のただ中に、神の御子イエス・キリストが現れ、新しい命、神の霊にある生き方を差し出してくださいました。
──スピリチュアルな生き方を始めるのが困難に思えるのは、思い煩いを生む力があまりに強いばかりか、聖霊の臨在が、あまりに気づきにくいように思えるからです。けれども、忠実に修錬を続けるなら、新しい渇きに自ずと気づくようになります。神への新たな渇きこそが、神の臨在の最初の兆候なのです。
(本書から)



 ナウエンは現代人の心を蝕む三つの感情(「退屈」「恨み」「抑うつ」)に言及し、「何よりもまず、神の国」を求めることでそこから自由にされ、御言葉と聖霊に導かれる生き方を説いています。

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません