脳トレ書道のススメ

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:1,296円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

◆「手を動かして字を書くことは、現代人の脳にとって大切なこと」(京都大学教授・福山秀直)
「書は晩年芸術。いくつになっても挑戦のしがいがある」(書家・村上翠亭)
「筆づかいのコツさえつかめば、自分らしい字を誰でも楽しく書ける」(横浜国立大学准教授・青山浩之)

書道がなぜ「脳トレ」にいいのか?
最新の脳科学から、書道と脳の関係を解説します。
同時発売『脳トレ書道トレーニングブック』

≪書道で長生き!脳トレ書道のススメ―脳を元気にしたいなら“筆で書く”≫

【目次】
●はじめに
●第1章 脳科学からみた書道
なぜ、「書道」と「脳」が結びつくのか
現代人の生活に「脳トレ」が必要な理由
“文字を書く”ことは、脳にとってもっとも高度な作業の1つ
“ペンより筆”をすすめるのには、こんな理由があるからです
●第2章 81歳、現役書家の元気な暮らし
書家の世界は「生涯現役」が当たり前!?
村上翠亭さんインタビュー
●さあ、脳が元気になる書道を始めよう
「脳トレ書道」の進め方x
「脳トレ書道」を始める前に、意識しておきたいポイント
「脳トレ書道」に必要な道具を揃えよう
今日から始められる「脳トレ書道」の方法とは?
●おわりに

≪著者略歴≫
福山 秀直(ふくやま ひでなお):京都大学医学研究科附属高次脳機能総合研究センターセンター長。教授。1949年・福井県生まれ。医学博士。ポジトロンCT(PET)や、MRIを使用して脳内のさまざまな機能や物質を画像化し、認知症患者や、人間の脳機能の仕組みを研究。京都大学医学部附属病院の神経内科では、臨床医師としても活躍

青山 浩之(あおやま ひろゆき):横浜国立大学教育人間科学部国語・日本語教育講座准教授。1968年・愛知県生まれ。全国大学書写書道教育学会常任理事。(財)独立書人団審査会員。全国の小・中・高校で授業として行われている「書写」「書道」の指導方法や、教員の育成など、「書写・書道教育」全般を研究。学校教科書の執筆、編集、教材の作成なども数多く手がけるほか、全国各地での講演活動や、テレビ番組で講師を務めるなど、多方面で活躍中(本書刊行時のデータです)

≪出版社≫ 二玄社

商品詳細

サイズ: 18.6 x 13.2 x 1.6 cm
ページ数: 110頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません