濱崎商会 カホン カホーン Cajon FCR-310 両打面タイプ

株式会社アルペジオ楽器

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:23,460円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

濱崎商会 Cajon(カホン) FCR-310 両打面タイプ

濱崎商会 [FCR-310]の特徴

これは使えるカホンですよ!

通常のカホンの様に、表に打面、裏にサウンドホールがあるのではなく、表と裏の両方が打面になっており、サウンドホールはサイドにあります。

片側の打面裏には響き線(Wターン)を備え、もう片側は響き線はありません。
響き線のない方の打面は、2mm厚く設計されており、迫力のある低音を生み出します。
多彩な表現を可能としたFCR-310は要注目のカホンです。

日本人が日本で作るカホン!
濱崎商会のカホンは、厳選した木材を使用し日本での完全手作業による『妥協のない製品作り』を行っております。 またプレイアビリティやサウンド・レンジの向上の為に、オリジナルのアイディアを加えながら積極的に改良・製作しています。

▼こちらもご一緒にいかがでしょうか?
ぴったりサイズのカホン用ソフトケース
【大人の楽器生活】カホン、ジャンベの嗜み/仙道さおり/DVD

  

商品仕様

  • サイズ:450mm(高さ)× 290mm(横)× 290mm(奥行)
  • TOP(天然木化粧合板):チーク 柾目(3.5mm)
  • BACK(天然木化粧合板):ゼブラ 柾目(5.5mm)
  • BODY(天然木化粧合板):ホワイト・アッシュ 柾目(12mm)
  • 響き線:スチール・ストリング(鉄線)Wターン ※テンション調整可能

Cajon(カホン)とは?

カホンはフラメンコを代表するアイテムとして有名ですが、その出所はペルーを中心としたラテン・アメリカ諸国と伝えられています。 アフリカからラテン・アメリカに奴隷として連れてこられて人達が、太鼓の代わりに木箱を叩いたことが始まりと伝えられています。

後にこの木箱は改良に改良を重ね、響き線、サウンドホールが加えられ、現在のカホンに発展していきました。 カホンは当時のラテン・アメリカ諸国の宗主国であったスペインをはじめ、ヨーロッパ各地に広まり、フラメンコの伴奏においては重要なパートのひとつに加えられる存在となったのです。

近年、カホンはフラメンコのみならず、多くの楽器とコラボレイトされ、様々な音楽シーンで活躍するようになりました。 その容易に行える奏法から生まれる、暖かく、親しみやすい音色は、音楽ジャンルやプレイヤーを問わず、新たなる楽器としての可能性を秘めています。

オプション

■響き線追加(Vターン→Wターン):2,100円(税込)
■TOP(表)面とBODY(側)面ともに、化粧板の変更できます。
下の化粧板の中からお好きな種類を選ぶことができます。
※木材によっては製作に時間がかかる場合がございます。
TOP(表)面化粧板変更:2,625円(税込)
  BODY(側)面化粧板変更:5,250円(税込)

送料について

送料は1,080円です。※クリック → 送料詳細ページをご確認下さい。

代金引換の場合は、代引手数料として432円が必要となります。


株式会社アルペジオ楽器は、実店舗と同じように
「初めての方にも、安心してお買い物ができる」
楽器店のオンラインショップです。

商品に関するご質問や気になる点は、
「お電話」「メール」でも対応しておりますので、
お気軽にお問合せください。

アルペジオ楽器 スタッフ

アルペジオ楽器 088-878-0177

販売楽器のご注文、購入  

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません