2009-111渡唐天神図-1000

仏画工房 楽詩舎 ネットShop 白描画の倉庫

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:1,000円〜120,000円 (税別)

  • この商品は、選択内容によって価格が変わる場合があります。
  • 作品形態(バリエーション):

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

A3サイズ和紙 モノクロ印刷 白描画
鎌倉から室町時代に五山の禅僧の間で言い出されました。
所伝によりますと、鎌倉時代の仁治二年(1241)、京都東福寺の開山聖一国師円爾弁円が宋から帰って九州博多の崇福寺に住した時、夜に道真公が現れ禅を問いました。国師は、自分の師である宋の径山の仏鑑禅師無準師範を師とするよう答えましたところ、直ちに宋に渡り禅師に参禅し、衣鉢を受けて帰り、再び国師の前に現れ、与えられた法衣を見せたといいます。
この話に基づいて多くの渡唐天神の像が描かれました。
手に梅の小枝を持ち中国風の服装が渡唐天神画像の特徴です。
現在では、留学生のお守りとして信じられているようです。

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません