僕たちの好きな 倉本ドラマ 〜『北の国から』『前略おふくろ様』etc. 倉本聰の世界を徹底解剖!〜  [別冊宝島870]

古本あんこ〜る

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫数 1点]

販売価格:2,800円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

宝島社  2003年10月27日発行  程度A  表紙多少のスレ・汚れ・キズ。天ややヤケ・汚れ。地・小口わずかに汚れ。全体的には状態良好です。  雑誌  サイズ26×19cm 143p  定価1,200円  ISBN4-7966-3614-5

いまだから語れる制作の舞台裏。
蛍(中島朋子)、海ちゃん(桃井かおり)、ホンカン(大滝秀治)が、そして『北の国から』の杉田監督が・・・

第一章―この人が語る倉本ドラマ
蛍から見た21年ドラマ   中島朋子 『北の国から』〜蛍
非情のダメだし演出家が語る、決死の役者とこだわりのスタッフ   杉田成道 『北の国から』〜演出
海ちゃんが語る個性派役者たちの風雲伝   桃井かおり 『前略おふくろ様』〜岡野海役
ホンカン、倉本ドラマをかく語りき!   大滝秀治 『うちのホンカン』〜河西公吉役

第2章―倉本ドラマ・アンソロジー 〜名セリフ、名シーンを〜
'81年〜'02年、倉本ドラマの金字塔 『北の国から』
'75年〜'77年、個性派俳優が割拠したドラマ。座長はショーケン 『前略おふくろ様』
'75年〜、倉本聰が描く味わい深い1時間ドラマ 『うちのホンカン』

第3章―倉本ドラマ研究
倉本ドラマ・ヒロインの系譜
名脇役のみなさま、笑わせていただきました
上質な“音の世界”が名シーンを盛り上げる
時代は変わりドラマは巡る。黒板一家とニッポンの21年
倉本ドラマと山田ドラマ、その違いはどこにある。
ほか

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません