虫入りコパルアンバー031(蜘蛛入り):Cape de Amber

天然石・鉱石・化石のお店

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫わずか]

販売価格:3,570円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

            
  
商品名

【tune標本】虫入りコパルアンバー031:Cape de Amber(鮮新世)

商品について

○ 虫入りコパルアンバー031:Cape de Amber(鮮新世)
○約100万年前
○産地:マダカスカル産
○学名:Sciaridae
大きさ:5mm×60mm
高さ:70mm
重さ:24g

<石説明>
●この樹脂が地中深くに埋もれて何千万年も経過すると樹脂は化石に変化します。 こうして出来た樹脂の化石のことを私達は“琥珀”と呼び、英語では“Amber”と呼んでいます。
もとが流動的な樹脂ですから、周辺に棲んでいた昆虫・動物・植物はじめ水や空気などを包み込んだものがしばしば発見されます。この中で昆虫化石入りの琥珀のことを一般的に“虫入り琥珀”と呼んでいます。
 琥珀の中の化石は、立体的かつ完全体として保存されている場合が多く、通常に見られる平面的な化石とは異なり、DNAも保存されています。 だからこそ“虫入り琥珀”は昆虫や生物の進化はじめ、太古生物の生活環境さらには、当時の地球の様子などを知る手掛かりを与えてくれる極めて学術的価値の高い貴重な化石といえます。
1993年、映画「ジュラシック・パーク」が公開され、恐竜復活の鍵となっていた“虫入り琥珀”は一躍、一般の関心を集めて話題になりました。
 実際にも、琥珀の中の昆虫化石からはDNAが検出され、約1億2千万年前で現在最古のDNAも検出されています。
また、最新のニュースによるとアメリカの研究者が琥珀中の昆虫化石の体内に胞子状態で眠っていたバクテリア生物を蘇らせることに成功したことも報じられています。
 今後、虫入り琥珀の研究が進展すれば、生物の進化をDNAレベルで解明し得る可能性があり、将来は絶滅した生物の復活でさえ可能にするかもしれません。
 このようなことからも虫入り琥珀は、現代そして未来に及ぶ、実に多くの可能性を秘めた“神秘のタイムカプセル”と呼んでも過言ではないでしょう。

発送方法について

東京都より定形外普通郵便か、ゆうパックにて発送いたします。

支払い方法について

郵便振替
みずほ銀行
代引郵送

その他

とてもお買い得な商品です。
【注意】
商品の写真は光の反射具合によって現物と多少違うように見える場合があります。
また、天然石そのもののキズ等に見えているのは石の性質上止む終えません。
了承していただける方だけ落札をお願いいたします。
輝きは最高にきれいです。

他の写真

100万年前の虫入り。稀少


商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません