サイダーハウス・ルール  (The Cider House Rules)   [シナリオ対訳]   ジョン・アーヴィング=原作・脚本   藤田真利子/伊東奈美子=訳

古本あんこ〜る

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫数 1点]

販売価格:1,200円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

愛育社  2000年8月・初版第1刷  程度A  帯無し  カバー多少のスレ・キズ・汚れ。天・地・小口わずかに汚れ。中は、書き込み等もなく、きれいな状態です。  ソフトカバー  サイズ19cm 282p  定価1,400円  ISBN4-7500-0077-9

『サイダーハウス・ルール』は、ジョン・アーヴィングの同名のベストセラー小説をもとに、14年を越える年月をかけて脚本化された。
配給:ミラマックス・フィルム
主演:トビー・マグワイア、シャーリーズ・セロン、デルロイ・リンド、ポール・ラッド、マイケル・ケイン

『サイダーハウス・ルール』の舞台は20世紀前半のメイン州の田舎。物語の主人公であり孤児のホーマー・ウェルズは、孤児院の医者ウィルバー・ラーチによって育てられる。ドクター・ラーチはまた、師として、医学に関する知識をホーマーに教え込む。聖人のような優しさに満ちたラーチだが、エーテル常用者という一面もある。やがて、2人は、世間の父と子同様、次第に衝突するようになる。堕胎をめぐる意見の相違が原因で、2人の対立はさらに深まる。その結果、ホーマーは彼が知りえた唯一の家族のもとを去ることになる。

新しい生活は、想像以上の興奮をホーマーにもたらし、そしてついに彼は、生まれて初めての恋に落ちる。しかし、人生の方向を変えるであろう決断に迫られた時、ホーマーはようやく、自分の過去から逃れることはできないことに気づく。『サイダーハウス・ルール』が描き出すのは、人生の中で私たちが行なう選択や破られるための規則(ルール)なのである。

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません