春日局 (一)   橋田壽賀子  (NHKテレビシナリオ)

古本あんこ〜る

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫なし]

販売価格:1,000円(税込)

[SOLD OUT]

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

日本放送出版協会  1989年1月・初  程度A  帯付  天・地・小口ややヤケ・汚れ。カバー一部水濡れの痕あり。  サイズ20cm 259p  定価1,200円  ISBN4-14-005142-6

NHK大河ドラマのシナリオ。全4巻の内の第1巻。大河ドラマの第1回から12回放送分のシナリオを収録。

戦争と平和をともに知っている人がいた。

徳川300年の基礎を築いた三代将軍家光の乳母・春日局(おふく)。おふくが4歳のとき、本能寺の変が起こった。父・斎藤利三は、明智光秀の重臣であり、この日を境におふくの運命は大きく変わってゆく。山崎の合戦で秀吉に敗れ、京の河原にわらされた父の姿に、幼いおふくは戦国の世の地獄を見た。そして、謀反人の子として、流浪の日々が始まる・・・・。

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません