ニューシープロテイン [ アミノ酸液肥 ]

IPM資材館

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫あり]

販売価格:3,500円(税別)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

【農業資材・液肥】 タンパク質やゼラチン質を酵素によりアミノ酸に分解させた魚主原料の液肥です。冬期も固まりにくく、水に溶けやすくなりました。

家庭菜園でお使いいただけます

ニューシープロテインに関するよくあるご質問

▼表内のアイコンをクリックし、送料・支払方法の詳細をご確認ください

規格価格送料 発送元 支払方法
20kg 3,500円(税別)発送元別 メーカー 振込み前払い カード払い 後払い代金引換はご利用頂けません

送料: 円(1缶当り・消費税込)
※確認用です。選んだ金額はカートに入りません。  ※離島及び一部地域では別途料金がかかります。

 

さらに即効性に。
冬期も固まりにくく、
水に溶けやすくなりました。

今まで分解されていなかったタンパク質やゼラチン質を酵素によりアミノ酸に分解させた魚主原料の液肥です。シィー.プロテインと同じ窒素6.0なので安心してお使い頂けます。

手作りパワー菌液

現代農業の特集記事にシィー.プロテインが取り上げられました

現代農業の特集記事「光合成細菌&納豆・乳酸・酵母菌 どんどん殖やそうパワー菌液」(2008年8月号)で、下記の資材が材料として使用されました。これらはすべてIPM資材館で揃えることができます。


(シィー.プロテイン製造元の正しい名称は「長崎油飼工業」です)

(1) シィー.プロテイン

(2) アルギンゴールド
  (IPM資材館商品名:海藻のエキス

(3) M.P.B
(海藻エキス&光合成細菌&有機酸キレート鉄)

(4) 含水結晶ぶどう糖

(5) キュービテナー (20リットル入プラ容器)

▲丸で囲んだ部分をクリックすると商品ページへ移動します


「光合成細菌培養セット」のご注文はこちら

必要な資材を一つにまとめたお得なセットです。

 


その他の関連資材
  • トップハーベスト
    食用菌(乳酸菌・酵母菌・納豆菌)とミネラルを配合した微生物発酵液肥。 お求めやすい価格です。

光合成細菌入りパワー菌液の効果

光合成細菌入りパワー菌液を使用する事で、以下の効果が期待できます。

  1. 野菜・果物の糖度・着色アップ
  2. 日照不足時の健全な育成
  3. 収量アップ
  4. 硫化水素などの有害物質による根腐れ予防(イネなど)
  5. 放線菌の増殖による植物の健全な育成

培養の手順

培養の手順

詳しい説明はこちら

「光合成細菌入りパワー菌液」についての詳細ページです。培養手順を文章でも詳しく説明しています。


培養の手順(チラシ) はこちら

「光合成細菌入りパワー菌液」のチラシPDFです。
培養手順をイラスト入りで解りやすく解説しています。保存・印刷してご利用ください。

培養の手順PDFファイル

 


 

注意
ニューシープロテインは有機栽培に使用できません。
有機栽培には有機JAS許容資材のシィー.プロテインをお使いください。

▲上へ戻る

ニューシープロテインの特長

ニューシープロテインは、イチゴ栽培など果実や果菜類に最適です!

<保証成分> N:P:K=6:0:0

ニューシープロテインのアミノ酸含有量

分析例
アスパラ
ギン酸
グルタミン
グリシンアラニンプロニンイソロイ
シン
ロイシンフェニル
アラニン
リジンヒスチジンメチオニ
21.79203.2413.9325.9520.3311.2922.6716.3328.1910.404.49
単位:mg/g

アミノ酸の効果

作物への吸収
  • アミノ酸は土壌中で微生物の分解によって作物に吸収されますが、一部はアミノ酸の形のままで吸収利用されます。
  • アミノ酸は昼夜を問わず作物に吸収されます。
    昼間は2/3が葉緑素に、1/3が体内のタンパク質に、また夜間は1/3が葉緑素に、2/3が体内のタンパク質にとり込まれます。したがって多少天候不順でも良質の作物がとれます。
土壌に対する効果
  • アミノ酸は土壌微生物の絶好の栄養剤となり旺盛な繁殖をし、土壌の団粒化を促進し、また、これらの土壌微生物は作物の成育を促進する各種ホルモン、ビタミンなどを分泌するなど食物の生育管理に重要な役割を果たします。
作物への味、色への効果
  • 葉緑素のクロロフィル、みかん、トマト、ニンジンの赤色色素であるカロチノイド、なす、リンゴ、ぶどうや花のフラボノイドなどアミノ酸が直接、間接に関与して作物の着色の役割を果たします。
  • グルタミン酸は強旨味、プロリンは甘味、リジンは温和甘味、グリシンは強甘味、バリンは微甘味等の味を出す役割があります。

▲上へ戻る

ニューシープロテインの使用方法

時期 倍数 備考
定植時、活着促進 500倍  
育成期、育成促進 400〜500倍 4〜5日の間隔で使用
生り疲れ防止 500倍 4〜5日の間隔で使用
農薬と混用する場合 800〜1000倍  
ボカシ、堆肥の水分補給 50〜100倍 良質のボカシ、堆肥ができます

使用方法は、300〜500倍で土壌へ直接、葉面散布の場合は1000倍でご施用下さい。

▲上へ戻る

ニューシープロテイン 取扱上の注意

  • 夏期の保管については、日影の涼しい所で保管をお願いします。
  • 本品は弱酸性です(pH6.4)。原液が目や皮膚についた場合は、すぐに洗い落としてください。

▲このページの先頭へ

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません