消防設備点検とは?

大崎トレーディング企画

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

消防用設備等の点検・報告は防火対象物の関係者の義務です。


消防設備には、大きく分ると。
「火災を知る」ための警報設備、
「火災を消す」ための消火設備、
「火災から逃げる」ための避難設備があります。
消防用設備は、消防法第一条で「国民の生命、財産を火災から 保護する。」と目的が示されています。
また、これら消防用設備がいざというときに十分な機能を発揮するためには、点検整備を行い、常にその機能を維持管理していくことが大切です。

簡単な流れについて・・・


点検前事前打ち合わせ 。
事前調査 建物の規模により設置されている消防用設備等の事前調査を実施し、個別の仕様書作成、金額の打ち合わせをします。(ここまでの段階までは無料になります。)

点検の実施。
消防設備有資格者が、年2回(機器点検と総合点検)の点検をいたします。

整備。
軽微な整備はその場で行います。
約1週間ほどで点検結果報告書の作成し提出いたします。

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません