CARBING 0.6Lオイルキャッチタンク 

ティーアンドイーWEBショップ

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:16,211円 (税込)

  • この商品は、選択内容によって価格が変わる場合があります。
  • ホース口径:

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

CARBING0.6Lオイルキャッチタンクは取付自由度の高いコンパクトボディ(75φ×130mm)。

様々な車種に対応出来るように、ホース口径を10φタイプと15φタイプの2種類を設定。
当社のオイルキャッチタンクは、タンク内にセパレートを設け、ブローバイガスとオイルやスラッジ、カーボンなどの不純物とを確実に分離させます。

材質は軽量で耐久性に優れたアルミ(A5052)を採用。錆防止のために表面にアルマイト処理が施されております。
ドレーンボルトも標準装備されており、オイル抜きも簡単です。
また、溜まったオイルの量を確認する為のレベルゲージが標準装備されております。

詳しくはOKUYAMA WEBサイトをご覧下さい。

【T&E WEB SHOPは会員になるとお買い物がさらにお得になります!】

新規登録はこちら

他の写真

エンジンから発生する様々なガスの中で、走行距離に比例してエンジンの性能を低下させてしまうブローバイガス。
このガスは、循環装置によって吸気インテークやエアクリーナーに戻されて、再燃焼させることで大気に放出させないようにしていますが、インテーク内に戻されるブローバイガスや微粒子などの化合物は、100%が燃焼されるわけではありません。ガスの一部は液化(スラッジやカーボンを含むオイル)へと変異し、インテークパイプやインテークマニホールドに付着して汚れの層を作り出してしまいます。その結果、吸入効果や燃焼効率の低下の原因となるとともに、白煙の増加にもつながります。

この現象の対策として、インテーク内に戻す前にガスを溜める場所を設け、液化した不純物をできる限り取り除いてしまおうというのが、オイルキャッチタンクです。
モータースポーツ車両だけではなくブローバイガスが発生しやすいディーゼル車両にもお勧めです。
また、走行が少ないのにオイルキャッチタンク内のオイルのたまり量が多ければエンジンに何らかのトラブルを抱えている証拠です。
それらのトラブルの早期発見にも役立ちます。

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません