赤ちゃん筆 健

赤ちゃん筆屋

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:16,200円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

軸は蒔絵で、筆に彩りを加えました。

原則的に男の子「黒塗」、女の子「朱塗り」で仕上げております。

写真は朱塗ですので、女の子バージョンです。 軸には、お誕生日とお名前を軸に彫らせていただきます。

赤ちゃん筆には、お子様の健やかなご成長を祈願し、由緒ある熊野 榊山神社(筆まつりで有名)のお守り

がついています。

職人さんがお子様のお名前を筆に手彫りしています。

1本1本、1字1字、細かい作業を惜しみません。

繊細な技術を要する現場ですので、緊張感があります。

当たり前ですが、職人さんってスゴイです^^

熊野筆の伝統工芸士・中川聖峰さんが匠の技で手作りしています。

 
熟練の技で、すばらしい筆が出来上がります。

伝統工芸士とは?

伝統的な技術・技法によってつくり出された熊野筆。

昭和50年には毛筆産業として全国で初めて通産大臣より「伝統的工芸品」の指定を受けました。

熊野筆の製造に12年以上携わり、筆作りにおいて高度な伝統的技術を有する筆司もにが通産

大臣より伝統的工芸士として認定されています。

日本一の筆の町を支えているのは職人の技です。現在、熊野町には約二千人もの「筆司(ふでし)」

と呼ばれている筆づくりの技術者がいます。

なかでも 40〜50年もの間筆づくり一筋に取り組む「伝統工芸士」といわれる筆司は、全国の書道家

の特注品を手掛ける程の筆づくり名人です。

23名の筆司が伝統工芸士として活躍し、数々の名品を世に送り出しています。

ちゃんとかける筆にこだわりをもっています

わたしたちは赤ちゃん筆をご依頼いただくにあたり、ちゃんと書ける筆をおつくりしています。

思い出の品として飾るものだからといって、筆づくりへの妥協がありません。

ちゃんと書ける筆をつくるために1ヶ月半〜2ヶ月かけて真剣に筆づくりに取り組んでいます。

赤ちゃんの毛も筆として使える毛をじっくり選別します。

ですから、お子様の髪の毛は多めに送っていただく程、質の高いものが出来上がるんですよ。 

 

大切な思い出の品だから、収納に効果的な桐箱に入れて。

桐箱は湿気をシャットアウトしますので、保管にたいへん便利です。

この桐箱に入れて送らせていただきます。
防虫・防カビに効果的ですので、大切に保管していただけます。

 

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません