2008-032 摩利支天3-1000

仏画工房 楽詩舎 ネットShop 白描画の倉庫

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:1,000円〜130,000円 (税別)

  • この商品は、選択内容によって価格が変わる場合があります。
  • 作品形態(バリエーション):

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

A3サイズ和紙 モノクロ印刷 白描画
摩利支天(まりしてん)は、仏教の守護神である天部の一つ。日天の眷属。原語のMariciは、太陽や月の光線を意味する。摩利支天は陽炎(かげろう)を神格化したものである。陽炎は実体がないので捉えられず、焼けず、濡らせず、傷付かない。隠形の身で、つねに日天の前に疾行し、自在の通力を有すとされる。これらの特性から、中世以降は武士の間で信仰され、戦場や武術の試合などの際に必勝を祈願した。現在でも摩利支天を祀る武道家は多いとされている。
摩利支天は元来女神であるが、男神像としても造られるようになった。本図は三面六臂で猪に乗る姿をしている。

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません