小型汎用USBプログラマー

aitendo

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫切れ]

販売価格:4,800円(税別)

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

仕様・機能
●最も経済的、安定、快速なユニバーサルプログラマー、デスクトップ型及びノートブック型パソコンのUSBボードに接続してお使いいただける、対応プログラムTopWinEnはユーザーフレンドリーで操作性の高いWindows版をご利用いただける、●5.0V デバイスサポート、●40ピンユニバーサルソケット、●USB1.1/2.0対応、●動作電圧(電流):5V(500mA)、最大2.5W、●USBより電源供給、外付け電源不要、●データ伝送速度12MHz/s、●過電流保護機能、●USBドライブ能力自動測定機能(0〜10級)、●本体外形寸法(MAX):142.0×103.0×23.0 mm、●MS-Windows98/NT/2000/XP/Vista/Windows7対応、●3,000種以上のPROM,E/EPROM,PLD,MCUデバイス対応、●製品構成:プログラマー本体×1、USBケーブル×1、●対応デバイス、●ドライバーソフトウェア&アプリケーションソフトウェアのダウロード:、●最新版ドライバーソフトウェア&アプリケーションソフトウェア:Ver6.0(XP/Vista/Window7<32bit>対応)、Ver6.33L(XP/Vista/Window7<32bit>対応)、●マニュアル、●通常販売価格:4,800円

インストール参考(WindowsXp)
ドライバーとアプリケーションのインストール方法(WindowsXP)を紹介する。本商品にドライバーソフト(Windows Xp対応)が収録されているCDメディア(×1)が付属している。下記手順でインストールを行ってください。(付属CDがうまくインストールできない場合、上記URLより再新版ドライバーソフトをダウンロードして使用してください。)


まずはドライバーソフトCDをパソコンのCDドライブに入れてください。インストーラファイルをクリックしてインストール画面が表示される。言語の画面で「English」に設定して「OK」ボタンを押す。


(↑)「参照」ボタンを押してドライバーソフトの保存フォルダをc:\Top\topwin5に指定して、「Next」ボタンを押す。


(↑)「Finish」ボタンを押して、パソコンを再起動させればアプリケーションソフトウェアのインストールが完了する。


(↑)これからドライバーソフトのインストールを行う。プログラマ本体をUSBケーブルでパソコンに接続すると「新しいハードウェアが見つかりました」画面が表示され、ドライバーソフトが自動的にインストールされる。


(↑)プログラマー本体のLED(緑)が常時に点灯すればすべてのインストールが完了する。


(↑)万が一、うまくインストールできていない場合は下記どおりにもう一回インストールしてください。


(↑)インストールしたディバイスを開く。「スタート」→「コントロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「システム」→「ハードウェア」→「ディバイスマネージャ」よりJungo下のUSB Deviceのプロパティを開く。


(↑)「ドライバの再インストール」を押す。


(↑)「新しいハードウェアの検索ウィザードの開始」画面で「一覧または特定の場所からインストールする」を選択して「次へ」ボタンを押す。


(↑)「参照」ボタンを押してドライバーソフトの保存フォルダを指定して、「次へ」ボタンを押す。


(↑)トライバーソフトインストール中。


(↑)ドライバーソフトの保存フォルダの指定に間違いが無ければ、インストール完了画面が表示される。「完了」ボタンを押して、インストールが完了になる。


(↑)インストールしたディバイスを確認する。「スタート」→「コントロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「システム」→「ハードウェア」→「ディバイスマネージャ」よりJungoがインストールされたことを確認することができる。

インストール参考(Windows7)
Windows7でのインストール方法を紹介する。


上記URLより再新版ドライバーソフトをダウンロードして使用してください。言語は「English」に選択して、「OK」ボタンを押す。


(↑)「参照」ボタンを押してドライバーソフトの保存フォルダを指定して、「Next」ボタンを押す。


(↑)ソフトウェアをインストール中。


(↑)「Finish」ボタンを押す。


(↑)インストールしたディバイスを確認する。「スタート」→「コントロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「システム」→「ハードウェア」→「ディバイスマネージャ」よりJungoがインストールされたことを確認することができる。


(↑)プログラマー本体のLED(緑)が常時に点灯すればすべてのインストールが完了する。

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません