大出力送信モジュール(315MHz)

aitendo

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫切れ]

販売価格:900円(税別)

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

●概要

TTLレベル、1000米前後、動作電源:3-12V、

●315MHz送信・受信モジュールとは

315MHz帯の免許を要しない微弱電波を使用したデータ伝送モジュールです。遠隔リモコン、モデム、その他の電子機器のリモートコントロール及びコンピューターのデータ通信のように一定のデータまたは制御信号を無線伝送方式で送信・受信を出来るようにしてくれる無線機用モジュールです。周波数帯が異なるため、無線LANや無線インターネットなどのホームネットワークとして使用されている2.4GHz/5.4GHz帯への干渉の心配がありません。動作は非常に簡単です。送信モジュールの電源(Vcc、GND)を接続し、dataピンにHi/Lo のデジタル出力信号を与えます。受信モジュールの電源(Vcc、GND)を接続し、dataピンよりロジックレベルでHi/Lo のデジタル出力信号が出力されます。送信・受信モジュールはマイコンCPUに接続して様々な無線制御システムを構築することができますが、エンコーダ/デコーダチップを使用すればプログラミング不要で無線制御システムを作成することができます。

●仕様・機能

315MHz帯受信機、RF送信モジュール、高周波増幅回路搭載、PT2262やSC2262などのエンコーダチップを使ってプログラミングなしで無線送信機を作成することができるが、MCUに接続して応用がさらに広がる、最大通信距離:1000m前後、データ入力:TTLレベル(Hi/Lo)、動作電源:3-12V、接続:2.54mmピッチ3P、ピンヘッダ実装済み、アンテナは20cmのビニール線またはピアノ線などを使用している。まっすぐ垂直に立てられた状態で最大感度に、アンテナの状態は安定動作に影響を与えるのでアンテナの形状が固定されるようお勧め、送信モジュールは周囲との距離は出来るだけ2-3cmほど離してください。CPUの種類や取り付け場所によってはノイズを受けて、距離が出ない場合がある。テレビやラジオなどのノイズを受信するのでプログラミングでフィルタリングする必要がある、参考回路(デコーダチップに接続)、外形寸法:20.0x20.0x12.0mm、表記価格:1

●詳細を見る





●送信機を作ろう



この送信モジュールにPT2262やSC2262などのエンコーダチップや抵抗、スイッチを加えてプログラミングなしで送信機を作ることができる。部品構成:エンコーダチップPT2262x1個、抵抗(R1-R4)10KΩx4個、スイッチ(SW1-4)(お好みで)x4個、抵抗Roscは受信機にペアリングできる抵抗値にする必要があるが、この実験では4.7MΩを使っている。4ch対応なので受信機に4ch対応受信モジュール(315MHz/4ch)[RX315-XWC682] を使う。回路図は非常にシンプルです。接続を確認して5V電源を入れます。D0-D3は「オープン」有効なのでGNDに接続された状態で信号が出力されない。スイッチを「オープン=接続しない」状態に切り替えて、対応chより信号が出力されることになる。




●注

(※)出力は電圧やアンテナによって大きく変わる。データレートはアンテナ、障害物、電波環境などによって大きく変化する。国内の電波法においては微弱無線の電界強度が規定されていることにご注意ください。アンテナから3mの輻射電界強度が「500μV/m以内」が微弱無線の規定です。電圧を下げたり、アッテネータで出力を調整してください。発信側は規定がありますが、受信側については規定がありません。アンテナを大きくしてより感度を上げることは自由です。いろいろなノイズの影響を受け、受信できないことやノイズを受信することがある。構造上簡易的なものですので生命維持や交通、運輸、防犯などの用途にお使いになられても責任は一切負えません。

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません