Z250 FT キャンディーブルー図面つき塗料セット

バイクペイント.COM

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:13,420円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明







Z250FTキャンディーブルー純正色図面つき塗料セット

 一枚目の写真は完成後の参考写真になります。2枚目と。3枚目が商品になります





 

 弊社はバイク専門の塗料の販売、塗装を行っています

 色々なバイクが入ってくるためそれを調色してますので

 各メーカーの純正色400色以上在庫あります

 

 この純正色の塗料セットと図面が付いているので

 それを元に作業していってください。プラモデル感覚ですね



 また、塗装マニュアルが付いていますので配合や塗装手順などは、

 こちら参考に して塗装を行ってください。



 
塗装マニュアル以外でも弊社のホームページに写真付きで

 塗装の手順が載っていますのでご参考ください  http://www.bike-paint.com/

 又、不明な点や疑問などなどありましたらご質問ください




 この塗料はウレタン塗料になりますので乾燥後はプラスティックになります

 ウレタン塗料は艶もあり、ガソリンなどの溶剤に強いのが特徴です

 この塗料はスプレーガンでの塗装になるので缶スプレーよりも仕上がり格段に

 上がります



 ※この商品はスプレーガンとコンプレッサーが必要になりますので

 ご注意ください













 商品説明(図面つき塗料セット)


 こちらの商品は2液性のウレタンの塗料になります

 (硬化剤という物を入れて固めます)

 塗料(主剤)に硬化剤と薄め液を入れてお使いください

 また、塗装マニュアルと図面が付いていますのでこちらをご参考ください



 
量に関してですが、こちらの量でバイク1式塗装して多少余るくらいです

   (タンク、サイドカバー、テールカウル、ステー)

   失敗分も考えて多めにお見積もりしております






 
■Z250FTキャンディーブルー図面つき塗料セット内容



  ※ベースのキャンディーブルーですが

  シルバーを塗装して、上にブルーのカラークリアーを塗装します

  上記の2色の塗料はこちらの塗料セットに付いております



  
注)こちらの塗装手順ですが、まずベースのブルーを塗装して

  ラインをマスキングして塗装してください

  (マスキング面積が多いのでメンドクサイですが、ベース色を後に塗装すると

  際の部分の段差が大きく余り見た目がよくないです)

  

 


 ●塗料(主剤) 

 ・ベースのキャンディーブルー   上塗り450g

                      下塗り450g

 ・ラインの紺                 100g

 ・ラインのシルバー             100g

 ●硬化剤 150g

 ●薄め液 1、5リットル

 ●コシ紙

 ●計量ポリカップ

 ●塗装マニュアル


 ●Z250FTの図面   が付きます








 
クリアーや白サフェサーは別売りになります

(ご希望の場合、落札時に追加又はお見積もり希望とご連絡ください)




  ●サフェサー、クリアー価格表



  ・クリアー500gセット       2600円

  ・クリアー1キロセット      4400円



  ・白サフェサー750gセット     3100円

  ・白サフェサー1、5キロセット   4400円



 
こちらにも硬化剤、薄め液、コシ紙、計量ポリカップが付きます












配合について


 この塗料は2液タイプ(硬化剤を入れて塗装する)なので、硬化剤を入れる

 必要があります

 配合に関しては塗料8に対して硬化剤1になります(8:1)

 例えば塗料80g(cc)の場合、硬化剤10g(cc)になります



 薄め液(シンナー)ですがこちらは気温によって変わってきますが、

 気温20度の場合、塗料10に対して6〜8程度入れてください

 

 ですので塗料80g(cc)硬化剤10g(cc):薄め液50〜70g(cc)はいります



 配合が終わりましたら、塗装に入りますが、必ず、紙やダンボールなどで

 試し塗りをしてから塗装してください。 

 

 上記の配合はあくまで基準なので、微調整が必要になります




  試し塗りをした時、紙の淵に色が溜まる、または薄い場合、薄め液が多いです

  試し塗りをした時、スプレーガンから糸が引く、紙がザラザラになる場合は

  薄め液が少ないので追加してください



  詳しい配合や手順などは塗装マニュアル、ホームページの手順を参考にして、

  それでも分からない場合はいつでもメールまたはTEL下さい。

 

 

  硬化剤ですが、塗料の種類の比重などによって

  固まる設定の範囲が有る程度ありますので多少の量の誤差でしたら、

  問題ありません。ただ少ない場合は乾燥しない(固まらない)

  場合があるのでご注意ください

 

  
ウレタン塗料でも各メーカーの成分が違います。硬化剤の設定及び

  配合は変わってきますのでご注意ください

  

  
薄め液の配合は気温が低い場合少なく、高ければ多くなります

  また、色によっても多少変わってきますので必ず紙やダンボールなどで

  試し塗りを行ってから本塗装してください



  
塗料は体に良い物ではありませんので、必ずマスクや風通しの良い場所または

  塗料を外に出す装置(ブースなど)を使って塗装を行ってください










他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません