マンデリンティムティム 中深煎り・フルシティロースト

春木屋 月滴庵“Gettekian”

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫なし]

販売価格:600円〜4,200円 (税込)

  • この商品は、選択内容によって価格が変わる場合があります。
  • 豆or粉::

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

インドネシア、スマトラ島で生産される、アラビカ種コーヒーを総称して「マンデリン」と呼びます。
ただ、マンデリンと一言で言っても実際には様々な品種があり、また同じスマトラ島でも地域によって豆の正確もかなり変わります。
一般的に高品質マンデリンの代名詞的に扱われてきたのが、中部リントンニフタ地区産のもので、ラスナ、アテン、ジュンベルなどの品種が有名です。
今回ご紹介するのは、北部アチェ州のタケンゴン村周辺で栽培されている、ティムティムバランギリという品種。
写真の通り、とても大きくて細長い特徴的なロングベリーです。(通称“馬面ウマヅラ”と呼ばれています)
ここ数年当店ではこの時期のおなじみとなっている銘柄です。
非常に生産量の少ない希少品種で、年間生産高はわずか1トンあまりに過ぎません。
ブラジルなどでは一般的な農家一軒で50トン程度の生産が珍しくありませんので、全生産量が1トンというのがどれほど少ないか、お分かりいただけるのではないでしょうか。
アチェ州は近年高品質なマンデリンを生産することで急速に注目を集めている地域です。
古くからコーヒーの栽培は行なわれていましたが、交通事情や政治状況(独立運動によるテロも頻発する地域です)などもあり、なかなか知られることがありませんでした・・・。
アチェのマンデリンはリントン産のものと比較すると、一般的に太いマンデリンフレーバーの中にもとても甘いのあるマイルドな香味を特徴としています。
特にこのティムティムはその性格がとても強く、とてもマイルドなマンデリンといったかんじなんです。
マンデリンは中煎り程度でしあげると、多くの場合非常にきつい酸味を出す場合が多く、深煎りに仕上げる場合が多いのですが、このティムティムは例外です。
浅めに仕上げてもマイルドで、むしろ繊細は味わいを楽しめると思います。
というわけで、今回は中深煎りのフルシティローストを基本のローストポイントといたしました。
マンデリンらしいどっしりとしたボディとまろやかな甘さと繊細なアロマを同時のお楽しみいただけると思います。

(右上:ティムティムの樹、左上:収穫風景、左下:コーヒーチェリー、右下:果肉を向いた状態のパーチメント)

他の写真

小さな農家ばかりで、その日収穫して皮をむいたパーチメント(殻付きの状態のコーヒー豆)を道端や軒先で乾燥させています・・・
パーチメントの脱穀後(この状態で日本に来る生豆)、現地で丁寧にハンドピックがされて、欠点豆を取り除いてもらっています!
産地近くにあるタワール湖

商品情報

生産国 :インドネシア
地域  :アチェ州 タケンゴン村
農園名 :小農家から集買
品種  :ティムティムバランギリ
精製方法:パルプドナチュラル(スマトラ式)
輸入方法:リーファーコンテナ  
保管方法:定温倉庫による保管
輸入時期:08年4月

商品レビュー

pekorino
とても珍しいマンデリンということで楽しみでしたが、 個人的にはちょっとおとなしすぎるかなーと感じました。 スマトラタイガーの方が好みです。 でも確かにマンデリンなのにとっても甘くって不思議な感じ。 大きさもびっくりするほどビッグサイズで確かに馬面って感じですね。 マンデリン大好き!という人よりも、あんまりマンデリンすきじゃないんだよなーという人向きかも。
2008-06-06 10:46:40
返信する
Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません