アポロ 菜園・柵 [ 簡易電気柵セット ]  

IPM資材館

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫あり]

販売価格:29,800円(税別)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

【防虫・防獣資材】 一般家庭菜園向けに開発された簡易型の害獣被害防止電柵です。イノシシ・タヌキ・キツネ等の害獣から守ります。乾電池使用のため、設置場所も選びません。

周囲100mセット

▼表内のアイコンをクリックし、送料・支払方法の詳細をご確認ください

規格価格送料 発送元 支払方法
1セット 29,800円(税別) 発送元別 メーカー 振込み前払い カード払い 後払い代金引換はご利用頂けません

 

 

乾電池なのに強力バリアー!
家庭菜園電柵100mセット

安くて設置も簡単!獣害忌避剤「イノシシ寄らず」
併せてお使いいただくとより効果的です!

アポロ 菜園・柵(簡易電気柵セット) のセット内訳・仕様

写真内の
番号
部品名数量

-

本体電気柵器(単2乾電池8個付)1台
2.柵線(ヨリ線)200m巻1巻
3.ポール(11φ×900mm)25本
4.ポールガイシ50個
5.ゲートグリップ2個
6.エリアチェッカー1個
7.アース棒(1連式)1セット
8.高圧線(1.5m)1本
9.本体取付金具(ビス付)1個
10.危険表示板3枚
11.取扱説明書(保証書付)1部

 

仕様

型式SP-2007型
出力電圧6.000V
電源DC12V(単2乾電池8個)
本体重量2.5kg
有効距離100m
セット重量7.5kg
畜産・レジャー施設用の大規模な電子防護器も取り扱っております。詳しくはメールフォームにてお問合せ下さい。

 

▲上に戻る

アポロ 菜園・柵(簡易電気柵セット)の特長

簡易電気柵セット 菜園・柵(100mセット)[SP-2007型]は、一般家庭菜園向けに開発した簡易型の害獣被害防止電柵です。強力な電気バリアーでイノシシ・タヌキ・キツネ等の害獣から大事な家庭菜園などを守ります。
使いやすく、また経済的でお求めやすいセットです。

簡易電気柵セット 菜園・柵(100mセット)[SP-2007型]の動き

  • 電源には乾電池を使用するため、設置場所を選びません。
  • 昼夜(連続)モードと夜間モードの切替えが可能。
    夜間モードでは受光センサーにより出力ランプが点滅します。
  • 夜間のみなら3ヶ月、終日なら1ヶ月半、連続して使用できます。
  • 防雨型だから屋外の使用もOK。
  • 周囲100mの設置に必要な部品が揃ったセットなので、部材で悩む必要がありません。

▲上に戻る

アポロ 菜園・柵(簡易電気柵セット)の設置方法

1. 本器の設置

簡易電気柵セット 菜園・柵(100mセット)[SP-2007型]の設置

  1. 頑丈な杭を打ち込んで取付け金具を木ネジでしっかり取付け、本体を付属のビス4本でしっかりと締付け固定して下さい。
  2. 板などを使って日陰を作って下さい。

※草木などに当たらない高さに設置してください。


2.ポール取付け方法

簡易電気柵セット 菜園・柵(100mセット)[SP-2007型] ポール取付け方法

  1. ポールは傾いたり、ガタガタしない様に、土地の質に応じて20〜30cm位深く打ち込んで固定して下さい。
  2. ポールとポールの間隔は平地で3〜4mですが傾斜地では状況に応じて間隔を短くして下さい。
3.ガイシ及び防護線の取付け方

簡易電気柵セット 菜園・柵(100mセット)[SP-2007型] ガイシ及び防護線の取付け方

  1. ポールに図Aの様に取付けます。
  2. 取付けたら図Bの様にガイシナットを締付けます。
  3. 締付けたら図Cの様にヨリ線を巻付けます。


4.ガイシ及びゲートグリップの取付け方

簡易電気柵セット 菜園・柵(100mセット)[SP-2007型] ガイシ及びゲートグリップの取付け方

  1. ポールにガイシを取付けて、防護線をガイシの溝に巻付けて下さい。
  2. ガイシにゲートグリップを引っ掛けて下さい。
    (ゲートグリップは出入り口に取付けます。)

5.アースの取付け方

簡易電気柵セット 菜園・柵(100mセット)[SP-2007型] アースの取付け方

アースを完全に埋め込んで下さい。

POINT★
防護柵はアースが最も重要です。
アースが不完全ですと、撃退効果が発揮されません。

防護線の張り方

ポールを打ち込み、防護線を張る

防護線の張り方 ポールを打ち込み、防護線を張る

周囲3〜4m間隔でポールを打ち込みポールにガイシを取り付けこのガイシに、防護線を張ります。基本はところどころ(全体で2〜3ヶ所)上段と下段の線を結線します。


高圧コードと防護線の結線

防護線の張り方 高圧コードと防護線の結線

  1. 高圧コードを防護線に確実に巻き付けて下さい。
    (ビニールテープ等で保護して下さい。)
  2. 高圧コードを地面や水に接触させないで下さい。

防護線の維持管理について

防護線の張り方 危険表示板

  1. 草木のよく伸びる時期、風雨の強い時は、とくに障害物が触れてないか点検して下さい。
  2. 晴天時は正常でも、雨の時にはわずかな草木の接触でも漏電しますのでご注意下さい。
  3. 危険表示板の表示は必ず明示して下さい。これは法規に定められています。破損したり見難くなった時は新しい表示板と交換して下さい。


地形による防護線の張り方
  1. 下図を参考にして下さい。
  2. 人や車の出入り時にはゲートグリップをはずして出入りします。

防護線の張り方 地形による防護線の張り方

POINT★ 確実に撃退効果を発揮するには

  • アースを確実に接地する
  • 周囲の草が防護線にあたる前に、こまめに刈り取る
  • 防護線の漏電をなくし、高圧電流が円滑に流れるようにする

以上が重要なポイントとなります。

▲上に戻る

アポロ 菜園・柵(簡易電気柵セット) 取扱上の注意

  • 日陰の涼しい場所に設置して下さい。
  • アースは確実に接地して下さい。(アース棒全体を埋め込んで下さい。)
  • 簡易電気柵セットは防雨型です。水中に没してはいけません。
  • 防護線に草や木が接触していないか確認し、草刈を必ず行って下さい。
  • 高圧部に触れますと、電気ショックを受ける場合があります。
  • 防護線に触れますと、電気ショックを受ける場合があります。
  • 危険表示板を防護線の周囲に必ず設置して下さい。
  • 使用終了後は、必ず内蔵の電池を取り外してください。
  • 制御部の分解、改造は絶対しないで下さい。補償できません。
  • 農薬散布をするときは、必ず簡易電気柵セットを片付けてから行って下さい。
    (故障原因となることがあります)

 


アポロ 菜園・柵 チラシ  
A4サイズ 1ページ (PDF:5.2MB)

▲このページの先頭へ

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません