フキ(蕗)苗2株セット

自然生活

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:816円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

大山山麓の日当たりが良く少し湿り気のある場所に大きな群落を形成します。早春に土の中から顔を出す春の香りいっぱいの「ふきのとう」は、天ぷらにしてほろ苦さと春の香りを楽しみます。ふきのとうが成長し、とうが立って種子を散らす頃 地下茎から出た葉も大きくなり、梅雨時に長く伸びた葉柄が食べごろとなります。


■フキ(蕗)基本情報
学名Petasites japonicus
別名ヤマブキ、ミズブキ
生薬名蜂斗菜、ホウトサイ
分類キク科フキ属/多年草
分布北海道 本州 四国 九州
生育環境少し湿り気のある日向〜半日陰
花期3〜5月
ふきのとう収穫期春(2〜4月)
葉柄収穫期5〜6月
成分フキノトキシン、タンニン、サポニン、フラボノイド(ケルセチン、ルチン)、コリン、カロチン、ビタミンB,C、ミネラル(カルシウム)など
作用去痰、鎮咳、健胃、解熱
適応痰、咳、胃腸の不調、発熱

■フキ(蕗)育て方
日向から半日陰の少し湿り気のあるところが適地です。地下茎の伸長が早く、強健で育てやすい山菜ですが、乾燥に少し弱いので夏場の乾燥に注意しましょう。真夏の直射日光が長く当たるところでは、葉が日焼けすることがあります。移植される場合は、元肥として土に腐葉土などをすき込んでおくと良いでしょう。観賞用には、石の脇や木の根元などが最適です。又、フキは生育環境によって変化の大きい植物です。同じ種類でも、水分や土質によって大きさや形状がまったく違ってきます。
栽培難易度


■フキ(蕗)食べ方
早春に顔を出す薄緑色のふきのとうは、天ぷらやふきのとう味噌などで、ほろ苦さと清々しい土の芳香を味わいます。ふきのとうが成長し、花となって散る梅雨頃から、成長した葉柄が食べごろになります。葉を刻んで佃煮にしたり、伸びた葉柄に塩を振って板ずりしてアクを抜き茹でると、鮮やかな緑色になり料理の彩りが増します。

■お届けするフキ(蕗)苗について
規格ポット苗(9cm)
産地鳥取県西伯郡伯耆町
形状山採りポット苗×2

他の写真

早春に芽吹いたフキノトウ

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません