zippo ULTRAMAN ウルトラヒーロー編 NO.2

zippo-LAND G.

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫なし]

販売価格:10,500円(税込)

[SOLD OUT]

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

社会現象としてその名を歴史に刻み込んだ伝説の作品「ウルトラマン」のジッポーです!「ウルトラマン」は、円谷プロダクションが製作し、1966年(昭和41年)7月17日から1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で毎週日曜日19時から放送されていた特撮テレビ番組で、劇中に登場する巨大変身ヒーローです。本作は漫画や劇場用映画、テレビゲームなど多数のメディアでも展開されています。日本の巨大変身ヒーローの代名詞として高い知名度のある作品であり、日本において「ウルトラマン」という名前を知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。初放映から40年以上経った現在でも、世代を超えて根強い人気を保ち、日本の特撮番組の基本フォーマットの一つとなっています。

商品詳細

解説: 「ウルトラマン」は、本放送当時、平均視聴率は30%を越え、最高視聴率は42.8%を記録した超人気番組でした。放送終了後もその人気が衰えることはなく、最初におこなわれた再放送では、平均視聴率が18%台を記録しました。ウルトラマンでは数多くの脚本が書かれましたが、予算や技術等の問題から、映像化が断念されたものも多くあります。中には、検討台本に基づいて漫画として児童誌に掲載されるケースもあり、そうしたものの一部として、少年雑誌『ぼくら』において放送終了後の4ヶ月間連載が延長されるなか、一峰大二によって漫画化されたものがあります。映画化も企画され飯島敏宏による脚本「ジャイアント作戦」が書かれましたが、実現せずに終わり、講談社から発売されているオフィシャルファイルマガジン「ULTRAMAN」の専用バインダー初回生産分と学習研究社の「ウルトラマン大百科」において「ジャイアント作戦」復刻版脚本が収録されています。このジッポーのボディーは、ブラックニッケルメッキです。絵柄などはエッチング&銀色入れで、サイドにエポキシ盛り上げ加工が施されています。エポキシ樹脂は、高分子内に残存させたエポキシ基でグラフト重合させることで硬化させることが可能な熱硬化性樹脂です。グラフト重合前のプレポリマーと硬化剤を混合して熱硬化処理を行うと、製品として完成します。プレポリマーの組成と硬化剤の種類との組み合わせで物性が多様に変化するので、エンジニアリングプラスチックとして利用されます。特に寸法安定性や耐水性・耐薬品性および電気絶縁性が高いことから、電子回路の基板やICパッケージの封入剤として汎用され、また接着剤、塗料、積層剤としても利用されます。
コンディション: 新品・未使用

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません