zippo GODZILLA メタル

zippo-LAND G.

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫なし]

販売価格:8,400円(税込)

[SOLD OUT]

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

ご存知ゴジラのジッポーです!ゴジラは、日本の東宝が1954年(昭和29年)に公開した特撮怪獣映画「ゴジラ」、および「ゴジラ映画」と呼ばれるそれ以降のシリーズです。1954年11月3日、同年3月1日にビキニ島の核実験によっておきた第五福竜丸事件をきっかけに製作された、第1作「ゴジラ」が公開されました。身長50メートルの怪獣ゴジラは人間にとっての恐怖の対象であると同時に、「核の落とし子」「人間が生み出した恐怖の象徴」として描かれました。また核兵器という人間が生み出したものによって現れた怪獣が、人間の手で葬られるという人間の身勝手さを表した作品となりました。観客動員数は961万人を記録。この成功を受け翌年の1955年に公開された第2作「ゴジラの逆襲」で描かれた「怪獣同士の対決」は、以後のゴジラ映画のベースとなり、その他の怪獣映画の製作にも影響を与えました。7年後の1962年に公開されたシリーズ第3作「キングコング対ゴジラ」では、観客動員数1255万人とシリーズ最高を記録し、アメリカなど海外でも上映され大ヒットとなりました。以降、海外での興行成績が良かった昭和ゴジラシリーズは、外貨獲得の手段として1960年代には次々と作品が製作されていきました。

商品詳細

解説: ゴジラは中に人間が入ったぬいぐるみ(着ぐるみ)であり、この手法が日本の特撮映画・テレビ番組の大きな特徴になりました。「平成ゴジラシリーズ」はその後の「ミレニアムシリーズ」と違い、怪獣達と心を通わせる超能力者・三枝未希を始め登場人物や世界観が共通しており、「平成ゴジラシリーズ」最終作となるシリーズ第22作「ゴジラVSデストロイア」まで一貫したストーリーとなっています。なお「VSシリーズ」と「FINAL WARS」以外の「ミレニアムシリーズ」は映画製作年の翌年を物語の舞台としています。このジッポーのボディーはサテーナ加工で、布バフを用いて表面をサテーナのように仕上げたものです。どのような金属でメッキするかによって風合いが微妙に異なります。メタルにはいぶし加工が施されています。絵柄などはエッチングとなっており、表面にシリアルナンバーが刻印されています。また、パッケージケースに破損がございますので、現在のジッポーの箱をお付け致します。(シリアルナンバーはお選び頂けません。ご了承ください。)
コンディション: 新品・未使用・パッケージに破損あり

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません