まつたけがんも

味わいの蔵 花藤

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

まつたけがんもどき 

がんもどきとは、精進料理のひとつでがん 雁とも書きます

雁は鴨のことで、がんもどきとは鴨の肉に似せた物の意味です。

秋口は鴨のシーズンなので、飛竜頭やひろうすとは言わずにあえてがんもどきと言ってみました。


重しをして水切りをした豆腐を、裏ごしをして、当たり鉢にてよくあたり、卵 やまといもなどをいれてあたり、

塩、薄口醤油、味醂にて味をつけます。

こうして生地を作り、ほどよく切った松茸を生地で包みこんで、ちょっと低めの温度の油で揚げます。

何となく鴨肉の様な色合いになった取り出します。

同時に多めの湯を沸かしておき、揚げたてのがんもどきを油抜きします、

となりにだし汁、薄口醤油、味醂、塩で味を調えた地を用意しておき、いいかげんに油の抜けたところで、

がんもどきを移します、落し蓋をして、含ませるように焚いたら出来上がりです。

一風変わった、美味しい贅沢な秋の味です。

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません