餅は乞食に焼かせろ 鯛は殿様に焼かせろ

味わいの蔵 花藤

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

 餅は乞食に焼かせろ、鯛は殿様に焼かせろ。 鯛の浜焼きのお話です。 鯛の浜焼きは普通の塩焼きとは違い、

水洗いした鯛を前日のうちに塩をして塩をまわらせておきます。

鯛の表面に切れ目をいれずに焼くので皮がはじけないように、全面に串を使い針うちをします。

そしていっぺん水で塩を洗い落として、登り串をうち、化粧塩をして火にかけます。

焼き方は 遠火の強火でじっくりと時間をかけてやきます。

この時に急いで焼こうとしてセコセコ表、裏を返してはだめなのです、どっしりと殿様のように構えて

しっかりと片面ずつ焼くのです。そうすることによって遠赤の力により、魚の芯から焼けてきます。

じっくり時間をかけることが、美味しい浜焼きの秘訣です。


 逆に餅の場合はしょっちゅう表裏を、乞食のようにセコセコ返したほうが、きれいに美味しく焼けます。


 料理は、品物によりやり方を変えてやることにより、自然と美味しくなるものです

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません