青梅 3

味わいの蔵 花藤

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

  茹でこぼして、塩と銅を、ぬいていきます。


 水からかけたうめの鍋が、煮立ってしばらく焚いたら別の鍋に湯を沸かします。


 沸いた湯に梅を移してまた暫らく炊きます、


 この作業を3〜4回くりかえし、梅から塩分と銅を抜きます。

 抜けたところで、別の鍋に水一升に対して砂糖500gの薄蜜を作り沸かしておき、

 その薄蜜に梅を移して落し蓋をして煮詰めていきます。


 お重や弁当に入れる場合は、もう少し濃度の濃い蜜に再度移して濃く煮詰めるのですが、

 お店で出す場合は、あまり濃くせず、薄蜜を煮詰めた状態で仕上げます。

 ここまで、最短でも二日はかかります、ご家庭でやるのはお勧め出来ません。

やはりこういう仕事は、料理屋で作るものでしょう。

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません