木曾ひのき 温浴器容器

セラミック&鉱石本舗

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:3,909円(税込)

[SOLD OUT]

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

 温浴器の製作に必要なヒノキの容器です。 ヒノキは長野県の南部で伐採された木曾檜の官材を贅沢に使用しています。
セラミック&鉱石本舗 オリジナル 木曾ひのき 温浴容器
 
   
木曾ひのき 温浴容器
 300年から400年ものの木曾ヒノキの官材で出来ています。
 一言で木曾ヒノキといっても、民材と官材に分けられます。 民材は、20〜40年で切り出されますが、官材は読んで字のごとく、国有林です。


 元々、神具を専門に作っている木工所さんにお願いして作っていただいたので、非常に贅沢な材料を使っています。

 「民材のコストの安いものでいいです。」と言っても、木を切り出して、整形して、はい出来上がりとはいかないのです。 切り出した木は、最低3年から15年間は自然乾燥させて、始めて製品に使用されるのだそうです。
 そう簡単に、「民材のコストの安いものでいいです。」と言っても最低3年から15年間待たなければなりません。 気が短い方で、そんなに長くは待てません。 しかも、木曾ヒノキの材料自体が年々減少して来ているそうです。 目の前に、立派に茂っているのに!!


木曾ひのき 温浴容器のキット内容
■組み立て方法
 1.前面板は、片側4枚づつありますが、ご覧のとおり、2枚だけ固定されていません。
   ここから、セラミックボールや鉱石を中に入れます。
   2枚の前面板の間隔は、約5センチありますので、大抵のセラミック・鉱石をいれることが出来ます。
   前面板と前面板の間は、約4ミリですから、あまり小さなセラミックや鉱石は外に毀れてしまいます。

 2.セラミックボールや鉱石を中に入れて、2枚の前面板を木工釘で固定します。

 3.お風呂に漬ければ、
温浴器の完成
   ※最初にお風呂に入れたときは浮きますが、木曾ヒノキが水を吸えば、沈みます。
     あまり、中に入れるセラミックや鉱石が比重の軽いものや量が少ないと沈みません。

    
品 名 木曾ひのき 温浴容器
サイズ 下記 サイズ写真参照
重量 約280グラム
原材料 木曾檜、真鍮木工釘、竹釘

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません