スポーツレーダー(スピードガン)Tracer

野球用品・WEB-SHOPの【野球部】

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:29,800円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明






コンパクト・軽量・多機能搭載 スピードガン

測定原理 スポーツレーダーはドップラーレーダーの法則を応用した計測器です。 本体から発信されたシグナルがねらった物体に当り反射して戻りますが,そのシグナルをマイクロプロセッサーで速度に換算して液晶ディスプレーに表示します。
機能特徴
計測可能速度 時速12-199Km
計測可能範囲 野球ボール大の物体で20m位まで、自動車大の物体で約30?最大50m
手動計測モード 野球ボール大の物体で20m位まで、自動車大の物体で約30?最大50m
自動計測モード(*1) カメラ三脚に取り付けてフリーハンドで自動計測
クイックリードモード(*2) バット、ゴルフクラブのスイングスピードのような短距離移動物体の計測に最適
平均速度・計算表示機能 電源をOFFにするまでに計測したすべての速度の平均値を表示
スタミナ設計 単4アルカリ電池6本で約150時間の手動計測(約25時間の自動計測)、節電のための自動電源OFF機能
(*1)自動計測モード:計測結果を自動的に表示する機能。スイッチを自動計測に切り替えておけば, 繰り返しねらったところを通る動く物体の速度を自動計測・表示できます。但し測定の間隔を3秒以上取る必要があります。

 自動計測モードでカメラ用三脚に取り付けて測定位置を固定しておけば, 同じ条件下でより正確に計測できます。 同じ動きを繰り返し計測するとき、手動計測モードの場合、トリガーを引くタイミングや手持ちの角度などにより計測ポイントがずれ数値に微妙な揺らぎが出ますが、自動計測を利用すれば同条件で繰り返し公平な計測が可能になります。 トリガーモードではプレーヤー以外に計測者が必要ですが、自動計測モードではプレーヤーだけで計測することが可能になります。 (*2)クイックリードモード : 物体移動距離が60cm短距離でスピードが計測できます。通常モードでの計測では物体移動距離が1.5m?2m必要です。 (注)モデルSR3600のような外部ディスプレーに繋ぐための外部出力機能はありません。
仕様
サイズ 長さ:約165mm X 幅:約80mm X 高さ:約180mm
重量 約382g(電池含まず)
ディスプレー表示 3桁LCD
電源 単4アルカリ電池6個(別売) (ACアダプターでの電源供給はできません。)
取扱説明書 (PDF file)
使用例 一例としてピッチング練習を想定してみましょう。 キャッチャーの斜め後方(或いはピッチャーの斜め後方)に三脚で固定したスピードレーダーを設置します。スイッチを自動計測モードに入れピッチングを行えば,3秒おきに球速を表示します。 これならコーチの手をわずらわすことなく,正確かつ公平に球速が測れます。 自動計測モードの場合、投球する間隔は3秒以上あけて下さい。計測値は次の計測が行われるまでディスプレーに表示されたままとなります。
計測ベストポジションはここだ! 野球  バット・ゴルフクラブのスイング  テニスボール・サーブスピード  バレーボール・サーブスピード
入射角と誤差の関係 こちら をご参照ください。
ご注意 Sports Radar スピードガンは精密機器です。 球などが当らないようネットなどの遮蔽の後方に設置してください。

■送料無料 ■教育機関(高校・大学など)様からのご注文のお支払いは、「代金後払い」をお受けいたします。商品と共に請求書をお送りしますので、商品到着後1週間以内に【銀行送金】或いは【郵便振替】にてお支払い下さい。 お支払い時期に関しましてご要望がございましたらコチラからどうぞ

 カメラの三脚に固定できるとありますが、どんな三脚でも固定できますか?
  どのスポーツレーダーガン、LEDスピードディスプレー(SR3600, SR3600DYN, SRA3000, DL-431R, DL-834)にもカメラ用三脚の標準ピッチ(1/4 - 20)と同じスレッドナットが切られていますので一般的なカメラ用三脚であれば装着できます。


 スピードガンとスピードディスプレーはどれくらい離して使用できますか?
 最大15m(7.5mケーブル x 2本)まで可能です。 ケーブルは別売部品となっています。ただしSRDL-2のセットでお求め頂くと7.5mケーブル x 1本が標準として付属しています。

 雨にぬれても大丈夫ですか?
 スピードガン、スピードディスプレーともに防雨構造にはなっていません。雨中でのご使用はご遠慮ください。 ただし、スピードガンはビニールカバー等を通しても計測可能ですのでビニールカバー等をかぶせて濡れないように 対策していただければ使用可能です。

その他のQ&Aはコチラから

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません