若竹屋 元禄乃酒 720ml

うらの酒店

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫なし]

販売価格:1,728円(税込)

[SOLD OUT]

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

時は元禄、徳川綱吉公の時代。この時代の主役は殿様でも武士でもなく「町人」こと一般市民。自由な気風に明るく活気に満ち満ちた文化。この頃主に飲まれていたのが、「元禄乃酒」のようなお酒達。私たちの知っている今の清酒とは随分違い、「みりん」や「シェリー」のように琥珀色で甘酸っぱく濃縮された風味。だからこそ、水で割って飲んでも、お湯割りにしても、ロックにしても(この時代で夏にロックが出来たのは氷室を持っている特権階級だけ)よしといったように、今の日本酒の概念をはずれた、まるで焼酎を飲むときのような気軽さがうけていました。

他の写真

●古来より日本人が愛飲していた「古酒」。明治以降、戦争や政策のため一世紀もの間姿を消していました。
江戸時代でも、長く寝かせた酒ほどに珍重され、熟成年数に応じて値段も倍々となっていたそうです。この「元禄乃酒」も5年古酒。一般の町人達だけでなく、特権階級にも飲まれていたお味です。

●長い熟成期間を経た古酒はアルコールと水の分子が融合してしまっているため内臓の粘膜への刺激も少なく、体内に吸収されてからの分解速度も速い、と二日酔いしにくくなる。これもまた昔から古酒が重宝されていた要因!

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません