【芋焼酎】 甕仙人 25度 1.8L

うらの酒店

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫あり]

販売価格:2,427円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

これぞ甕仕込みのお手本とも言うべき逸品

この蔵元では明治21年の操業以来「麹屋」で「麹蓋」にて麹をつくる純手造り焼酎の手法をかたくなに守り続けています。この工程なければ「手造り」の表示はできないことになっています。仕込みに関しては、昔ながらの「大ガメ」にてゆっくりと時間を掛け、熟成させて二次仕込みにかかっています。原料の「さつまいも」は、地元の契約農家の方々の有機栽培による「さつまいも」を摘み取ってその日の内に加工処理したもので新鮮な「いも」の甘みが焼酎にも生かされ、甘口の深みのいある味わいが醸し出されています。そして酒造りにとって大切な水は霧島連峰の伏流水である良質の地下水を汲み上げ仕込みや割水に使っています。全ての工程ににこだわりを持って醸し出された酒質は、こくがあり甘口で香りの良い焼酎に仕上ってします。また、焼酎は「新酒よりも熟成酒の方が旨い」との蔵の方針により、今時の芋焼酎にしては珍しいほど熟成させていますので、安定した美味しさがあります。

他の写真

中村酒造場のもろみはどれも美しい。まるでクリームのようになめらか。なめると酸味と甘味を感じる。
造りは全て手造り。今時こんな凄い仕事をしている蔵もあるんです。近代的な機械らしいものは一切無く、カメが30本ほど並び、綺麗な麹室がある鹿児島の小さな蔵です。その造り出す焼酎は 芋本来の持つ甘味、旨みを引き出す素直な味です。ブームの中、増産することは味を落とすとかたくなに断り続けた頑固親父の焼酎。
鹿児島第二の都市、国分市。その郊外に昔ながらのレンガ造りの蔵がある。蔵の前には堀立の黄金千貫が立ち並ぶ。どれも粒がそれっていてほどよく大きい。この堀立の芋で仕込むのも中村酒造場の旨さの秘密だ。

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません