【泡盛】 米島酒造古酒 美ら蛍 30度 1.8L

うらの酒店

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫なし]

販売価格:3,456円(税込)

[SOLD OUT]

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

 

創業以来守り続け、高めてきた伝統の美味しさ。久米島の硬水・黒麹・タイ米を原料とし、伝統的な製法で仕込まれ、常圧蒸留で蒸留される昔ながらの美味しさ。美ら蛍は熟成タイプ、芳醇でまろやかな味わい。ラベルは久米島にのみ棲息する天然記念物のくめじま蛍がモチーフで、円を描く2匹の水神の龍は陰、仕次ぎで熟成を深める古酒の様子を表しています。飲み方は、一対一で15度に割った後にオン・ザ・ロックをする水割りロックが久米島式。ゆっくりと堪能してください。

 

 

 

 

米島酒造所は、クメジマボタルで名高い清流白瀬川に近い静かな集落で4代にわたり泡盛造りを続けている家族経営の小さな蔵元。赤煉瓦の家並み、花の咲き乱れる町並みと、紬のルーツと言われる久米島紬を受け継ぐ伝統の島「久米島」の豊かな自然あふれる美しい島を表現したいとの思いから、代表銘柄を「久米島」としました。同島に、県内最大規模の蔵元がある中、量を追いかけず、伝統的な手造りを続けています。

泡盛造りの基本ともなる麹造り。基本だからこそ徹底的に研究を続けております。最近では、タイ米が長粒種だけではなくジャポニカ米も生産されブレンドされる事がありますので、その日のお米の品種・コンディショニングにより麹作りを若干変化させ対応しております。それは、長年の経験と知識の積み重ねがあればこそ出来る技です。

米島酒造の泡盛は、レギュラー酒でも一年は寝かせてから出荷されます。「慌てず、ゆっくりと寝かせて美味しくなってからしか売りません」と語る3代目の田場さんの言葉が表すように、量を追わずに、純粋に美味しい泡盛を飲んで頂きたいという蔵元の思いが詰まっています。そのお陰で、レギュラー酒でさえも古酒の風格漂う美味しさを完成させています。

その真面目な美味しさにも定評があり、生産した泡盛の8割以上が久米島島内で消費されています。島人に愛され、島人に育まれる島酒といえます。 

小さい頃から祖父の泡盛造りを見続け、現在も祖父・父ととも泡盛造りに携わる4代目。造りに対して真摯に勉強を続け、例えば、「温度に対する発酵の具合や天候との関係など」を記録し続けるなど、結果に対する要因などもすぐに分かるようにしておきたいと日々研究されております。

商品詳細

■アルコール度数: 30度

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません