Ai & Nana collaboration.020

二 藍 nanami nanasawa

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

Ai & Nana collaboration.020

「千の風にやどりて…」

Aiが3歳になったばかりの時、私の祖母が亡くなりました。
まだ小さかった娘は“死”が理解できない様子・・・。
「おばあちゃんは天国に行って、みんなのこと守ってくれるんだよ」
と教えました。

それから1年ほどしたある日
「おばあちゃんの声が聞こえる。おばあちゃんが逢いにきてるよ」…と。

「え? ママには聞えないよ」と言う私に
「ママ、心の耳できいてごらん。心で感じればいいんだよ…感じれば聞こえるんだよ…」
と教えてくれました。 

娘にしてみれば母の母の母の死です。
年齢差も時間も場所も超越して“心で亡くなった人のことを感じることが大切なんだ”
ということを教えられました。

大切なひとの魂は、やさしい風にのって逢いにきてくれているのかもしれませんね・・・。

+。:.゜:.。+゜+。:.゜:.。+゜+。:.゜:.。+゜+。:.゜:.。+゜+。:.゜:.。+゜+。:.゜:.。+゜


「in a thousand winds 千の風にやどりて…」


Do not stand at my grave and weep
〜私のお墓の前で泣かないで〜

Do not stand at my grave and weep 
I am not there, I do not sleep      
I am in a thousand winds that blow 
I am the softly falling snow   
I am the gentle showers of rain   
I am the fields of ripening grain
I am in the morning hush 
I am in the graceful rush   
Of beautiful birds in circling flight 
I am the star shine of the night
I am in the flowers that bloom
I am in a quiet room
I am in the birds that sing
I am in the each lovely thing
Do not stand at my grave and weep
I am not there, I do not sleep


私のお墓の前で泣かないで
そこに私は眠ってはいないのだから 
私は吹き渡る千の風に宿り
静かに舞いおりる雪に、
優しく降りそそぐ雨に、
麦畑に 朝の静けさに、
美しい鳥たちが弧を描いて優雅に舞う草原に
輝く夜空の星の光に 咲く花に
静寂な部屋に、さえずる鳥に  
そんな愛すべきすべての物に私は宿っているから
私のお墓の前で泣かないで
そこに私は眠ってはいないのだから  


Words by Mary Frye / 訳 北岡篤子    


Illustration by Ai
Calligraphic Design by Nana


07.05.28 七澤菜波

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません