アズミラ グルコサミン&MSM&コンドロイチン

【KarMo】犬・猫のホリスティック・ケア

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫あり]

販売価格:9,250円(税別)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

アズミラはホリスティック栄養学博士・自然療法学博士Dr.LisaNewmanのホリスティックケアシリーズです。ホリスティックケアとは身体全体のケアを意味し、身体全体、精神、心、そしてさ らに生活環境に至るまでをケアすることです。

3つの要素をひとつにブレンドし、与えやすくしました


■与え方:口から直接または食餌に混ぜてください。目安の1日量を2回に分けて与えるのが理想。●猫・小型犬−1〜2錠 ●中・大型犬−2〜4錠
■成分:1錠:グルコサミン硫酸塩(カリウムHClとして)300mg、MSM300mg、コンドロイチン硫酸塩240mg

その他の材料:ステアリン酸、セルロース、シリカ、セルロスプロテイン由来ナチュラルコーティング剤

 



MSM (Methyl Sulfonyl Methane)
健康のための硫黄

 健康な新生細胞の形成に最も重要な材料のひとつに有機硫黄があり、MSMという名前で知られています。この大元素はすべての動植物の細胞に存在し、命に極めて重要な物質です。硫黄は人体の体重に対して0.25%以上を占めていますが、動物も植物も自然の硫黄を直接利用できず、MSMのような有機体の形態でしか利用できません。

 MSMは結合組織、酵素、免疫グロブリンの合成に必須の硫黄を提供します。硫黄はまた健康な被毛と爪の形成にも重要な要素です。(注意:処方薬のサルファ剤と混同されないようご注意ください。これは体質によってはひどいアレルギーの原因となることがあります。)
MSMは非常に無毒で非アレルギーの物質と考えられています。

■MSMを必要とする理由
 MSMは体内に存在する自然の形態のものであり、また果実や野菜に広く含まれています。加工食品の加工と熱によって必須MSMは破壊されます。また、加齢とともにMSMの濃度は低下します。MSMをサプルメントとして摂取することは健康を強力にサポートすると考えられます。一日の摂取量の目安は1000-2000mgです。

■MSMとアレルギー
 MSMは重要な抗アレルギー物質と考えれています。研究の結果環境毒素、寄生虫とアレルギーに対するバリアーを維持する極めて重要な役割を持っていると示唆しています。MSMは鼻孔、肺、皮膚、消化器官の内壁の上皮組織を強化する働きがあります。これらは防御組織の最前列にあり、内部組織への異物の進入を防ぎます。

■MSMと炎症
 体内のMSMの約半分は筋肉、皮膚、骨に集中しています。MSMの最も重要な利用方法のひとつに痛みと炎症を緩和する能力があることが実証されています。(硬い)繊維細胞が腫れ、炎症を起こすと圧力と痛みが発生します。MSMは細胞膜の柔軟性と浸透性を復元させますので組織における体液の通りを容易にし、圧力を均等にし、痛みと腫れを軽減します。
 MSMは筋肉の炎症、老人や陸上選手の痙攣の解消と軽減に著しい働きを示しています。グルコサミンとの併用は磨り減ったり痛んだ関節や靭帯の修復と痛みの解消に有効です。

■MSMと皮膚
 硫黄はビューティーミネラルとも言われるようにコラーゲンの合成に必要であり、皮膚、被毛、爪の健康に必須の蛋白質物質であるケラチン(角質)に広く行き渡った物質です。硫黄の不足は皮膚のひび割れと皺の原因になります。

■グルコサミン硫酸塩
関節炎へのナチュラルサポート

 グルコサミン硫酸塩はほとんどの人が良く代謝でき、生体利用度の高いグルコサミンの形態です。グルコサミンは体内でグルコースから形成されグリコプロテイン、グリコ脂質、グリコサミノグリカンを含む大分子を構成する素材です。
 これらの大分子は人体内で様々な関節、腱、靭帯、椎間板等を含む結合組織を形成するのに使われます。グルコサミンとこれらの大分子は血管と腸壁の成長と維持、骨と関節の細胞質基質にかかわっています。グルコサミンは滑液の主要構成物質のひとつで、関節の治癒と動きに関与しています。現在の純粋なグルコサミン硫酸塩の供給源は様々な甲殻動物の殻です。
 グルコースからグルコサミンへの変換力が衰えるとグルコサミングリカンの産出能力が低下し、全般的な接合組織に影響します。研究の結果グルコサミン硫酸塩は骨関節炎、関節痛、腱、靭帯の損傷に有効であることを示唆しています。

■軟骨と関節炎
 コンドロイチン硫酸塩はプロテオグリカンの主要構成要因で軟骨の合成のための基質を供給します。数件の研究の結果硫酸塩分子は体内で結合組織の合成に再利用されると示唆しています。コンドロイチン硫酸塩は結合組織の産出に重要な成分ですが、気管の軟骨の利用は更に有効です。
 気管の軟骨(牛の)は多量のコンドロイチン硫酸塩とII型コラーゲンを含み、これらが抗炎症物質の産出を促進します


参考文献
Mindell, E. 「MSM:有機硫黄による奇跡的健康強化」1997著
Whitaker, J. 「筋肉痛の改善と健康へのMSMの応用」1997著

注意
 これらの著述はFDAによって評価されたものでは有りません。これらの情報は診断、治療、治癒、予防のためのものではありません。医学的治療が必要な場合は医師にご相談ください。

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません