書道テキスト〈第7巻〉楷書

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:1,836円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

◆書道教育に歴史と伝統を誇る、大東文化大学の教授陣が、独自の理念に基づいて是非とも学ぶべき資料を厳選、書学と書制作の両面に配慮しながら、必須の基礎知識と必見の基本古典を11巻に収めた。教材としては勿論、書道愛好家の参考書、臨書手本としても最適。

≪書道テキスト第7巻:楷書≫
「楷書が書ければすべての書体に通用する」と言われている。正しく文字を覚えた上で、篆隷行草書へと歩を進めるのが書学の理想である。楷書は、中国の三世紀頃から盛んに使われるようになった書体で、その後はいつの時代も正書体の座を占めてきた。碑碣・磨崖書・墓誌銘・写経など様々な様相を見せ、唐代までにはほとんど完成の域に達していた。(月報3より)」
第7巻は三国・魏から隋唐を中心に明代までの楷書の名品を取り上げる。

≪著者略歴≫
田中 節山(たなか せつざん):大東文化大学文学部書道学科教授。大東文化大学書道研究所所長。昭和14年東京生。大東文化大学文学部中国文学科卒。上條信山に師事。日展会員。読売書法会常任理事。謙慎書道会副理事長。(本書刊行時のデータです)

≪出版社≫ 二玄社

商品詳細

著者/編者: 田中 節山
サイズ: 30 x 21
ページ数: 64頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません