木材用保護剤 バイオフレックスGT

浸透性吸水防止剤  AD-COAT

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

木材の吸水率を低下させる事により、水及び汚れの吸い込み、腐食、カビ、藻の発生による変色を予防します。
また水性なので室内で使用しても臭気の問題もありません。
AD−バイオフレックスGTは特殊防カビ・坊藻剤を添加しており、「254種類」もの菌に対応する事が可能です。
素材自体の風合いを損ねる事無く、基材を保護する事が可能な製品です。
※バイオフレックスは日焼けによる木材の変色は防止できません。日焼けを防止する場合は他の着色剤と併用してください。

【塗布前に必ず行う作業と確認】
塗布する面に付着している汚れ(油汚れ.水垢・カビ・藻等)を綺麗に洗い落とし、充分に乾燥させて下さい。
濡れた状態や湿気があると【バイオフレックス】は浸透しません、必ず充分に乾燥させて下さい。
外部の場合、雨が降りそうな日等の【バイオフレックス】塗布は行わないで下さい。
1日以上雨が降らないことを確認してから塗布作業を行って下さい。

【塗布作業】
(1)刷毛.ローラー.等で周囲に飛散しないように、タップリと塗布してください。
塗布後10分位経過後に、浸透せず表面に残っている【バイオフレックス】を綺麗なウエスで、平らにのばす様にして拭き取って下さい。
基本的に一回の塗布工程で充分効果を発揮致します。

(2)このまま表面が乾燥するまで放置して下さい。
塗布後24時間位は塗布面の歩行を避け、水や雨が掛からないようにして下さい。

(3)塗布直後は表面が濃く濡れ色になりますが、1日位経過しますとほぼ元の色相に戻ります。(木材の種類によっては表面が濃く濡れ色になる場合があります)

(4)着色材等と併用する場合は、必ず着色材の上にバイオフレックスを施工してください。
塗膜系の着色材や塗料の上には使用できません。(浸透しません)
※色相の変化を確認する為、必ず試し塗布を行って下さい。
バイオフレックスは噴霧器やスプレーによる塗布は行わないでください

他の写真

バイオフレックスには抗菌剤を混和しています。写真左はバイオフレックスを塗布した木片ですが、培地テストでも木片にはカビが生息していません。
温泉施設の脱衣所の床面抗菌コートです。脱衣所の床面は湿度が高くカビや菌類がたくさん繁殖します。

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません