Si22 [ 即効性の液体ケイ酸カリ肥料 ]

IPM資材館

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

[在庫あり]

販売価格:4,762円(税別)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

【農業資材・液肥】 水溶性ケイ酸とク溶性ケイ酸を配合した、ケイ酸カリ肥料です。スムーズに吸収されて発根が旺盛に。また表皮細胞や茎葉も強化され、病害虫耐性が向上します。

Si22、Si25に関するよくあるご質問

▼表内のアイコンをクリックし、送料・支払方法の詳細をご確認ください

規格価格送料 発送元 支払方法
500ml 4,762円(税別) 通常料金 当社 振込み前払い カード払い 後払い 代引き

 

 

保証成分
ケイ酸22% カリ6%

肥料としての副次効果で病害虫も抑制!

ブログでケイ酸資材のユーザー事例公開中!

Si22の特長

天然鉱石から熔融ろ過を繰り返すことによって製造された水溶性ケイ酸と、根が吸収しやすいク溶性ケイ酸を配合した、他のケイ酸資材と違う無色透明のケイ酸カリ肥料です。

水分子とほぼ同じ大きさのケイ酸は吸収性に優れ、植物体内へスムーズに吸収されて発根が旺盛になります。

また、表皮細胞や茎葉も強化され、病害虫耐病も向上します。枝ぶり・受光体性の向上、栄養成分のスムーズな吸収などにより増収も期待できます。

他のケイ酸資材との違いを是非実感してみてください。
 

左の写真は、馬鈴薯に高濃度の希釈液葉2枚に散布した翌朝の写真です。
一般的にはケイ酸肥料は薬害や濃度障害は出ないと言われていますが、ケイ酸サプリは吸収性が高いためこのような濃度障害が発生します。

 

「Si22」1000〜2000倍希釈液に見られる一次現象

  1. 蒸発速度が遅い。(水と比較すると4〜5日で解ります)
  2. 表面張力が弱い。(スポイトでガラス上に水と共に置いて傾けると先に流れる)
  3. 塩素が激減する。(DPD法で明快)
  4. ECが有意に高まる。(当然)
  5. 粘性が有意に高まる。(当然)
  6. 水出し茶が瞬時に可能。(水クラスターが小さいせい?)
  7. 希釈液中の鉄が錆びない。(クリップを入れて水のコップと較べる)
  8. 切花や豆腐が2〜3倍長持ちする。(菌繁殖をコントロール?)
  9. 消臭作用がある。
  10. 洗剤の泡立ちが増す。
  11. 酸化還元電位が大きく下がる。(還元力が弱まる)

「Si22」を使用した田畑で見られる二次現象

  1. 環境微生物がバランスよく増える。
  2. 植物の根が大幅に伸長する。
  3. 有機物の発酵分解が促進される。
  4. 作物の温度、水ストレス耐性が向上する。
  5. 肥料大幅減でも収量は変わらない。
  6. ケイ酸が効いた植物の形状が顕著になる。
  7. 2〜3年もすると地力のあるバランスがよい土になる。
  8. 冷蔵した植物の休眠打破と活性が早くなる。
  9. 表皮細胞、クチクラ細胞が充実し、光合成を高める。

▲上に戻る

Si22の使用について

  • 本剤は肥料であり、肥料成分の副次的効果により病害への抵抗性を高めることが期待できます。
  • 病害の予防には週1〜2回ほどの2000倍希釈液の葉面散布が有効です。
  • 運悪く罹病した場合は、同液を5〜7日続けて早朝潅水前に葉がしっかり濡れる程に散布してください。改善傾向が見えれば、週1〜2回に戻してかまいません。
  • 病気蔓延がはなはだしい場合は、1000倍希釈液を1〜2回散布することをお奨めします。(うどんこ病他も同様です)
  • 生産者は農薬を多用していると思われますが、ケイ酸を投与するとイチゴの生理作用が活性化するので、所定濃度で投薬しても薬害の実例が多く見受けられます。同時使用や時間を置かない使用はやめてください。単肥使用が最善です。

イチゴの炭ソ病発生時での使用について

炭ソ病の時期を迎えると、各地から不安の声が増していきます。
炭ソ病に弱い「さちのか」を始め、大果品種は放って置けないレベルにさしかかってると聞きます。
数年前の数個の台風上陸を契機に蔓延が始まりましたが、クラウンやたく葉に寄生した病原菌の衰退までに、あと数年は炭ソ病の被害は覚悟せざるを得ないと思われます。

Si22」を使用する九州・山口のイチゴ生産者およびJA、代理店に確認したところ、罹病率0は約50%、1000株に1株以下が30%、1%前後の罹病率が残りでした(2006年9月8日現在)。
1%レベルの大半は親株と育苗ポットへの窒素投与が多めの傾向がみられますし、太郎苗を育苗しているケースも多く、生産者の管理不足と思われるケースが多々あります。
定植期にさしかかると、基肥過多の場合は活着期に炭ソ病のぶり返しが懸念されます。

炭ソ病始め病害へは予防が一番大切ですが、多収を期待して窒素過多になるケースが多く、病害を助長している面は否定できません。
イチゴは肥料を余り必要としない作物なので、百害あって一利なしと言っても差し支えありませんが、カロリー栄養学の影響は計り知れないものがあるようです。

ケイ酸が病害への抵抗性を増す理由については「全身獲得抵抗性(SAR)」が注目されていますが、一方で植物の病理として菌密度と毒素発生酵素との仕組みが重視され始めています。
大半は一定菌密度を超えて菌が増殖すると「Quormone」という酵素が毒素発生指令を菌へ出し、宿主たる植物に病斑が出現します。逆に菌密度が減少すると毒素発生が収まり、樹勢に力が残っていれば回復に向かうことになります。

▲上に戻る

期待される肥料成分による効果 (副次的効果を含む)

イチゴ増収、食味向上、日持ち向上
ウドンコ病、炭そ病、硫黄病、抵抗性向上
軟果防止、果柄折れ防止、なり疲れ改善

■参考資料
イチゴ炭ソ病の予防対策 [PDFファイル:83KB]

土壌混和 元肥減量
Si25粒剤、6kg/10a
土壌潅水及び葉面散布
Si22潅水10,000倍 4〜5/月
葉面散布 2,000倍 2/月
トマト増収、食味向上、日持ち向上
尻腐れ病、病気抵抗性向上
毛茸増大

■参考資料
水溶性ケイ酸が作物の種子の生長と
ミニトマトの糖度に及ぼす影響
 [PDFファイル:1.8M]

永原学園佐賀短期大学紀要より)

土壌混和 元肥減量
Si25粒剤、6kg/10a
土壌潅水及び葉面散布
Si22潅水10,000倍 4〜5/月
葉面散布 2,000倍 2/月
キュウリ増収、食味向上、日持ち向上
ウドンコ病、褐班病、つる割れ病、べと病
抵抗性向上、樹勢強く新梢展開早い
土壌混和 元肥減量
Si25粒剤、6kg/10a
土壌潅水
Si22潅水10,000倍 4〜5/月
ナス増収、食味向上、日持ち向上
青枯れ病、ウドンコ病、抵抗性向上
切り口が酸化しにくい。果比重が重い
土壌混和 元肥減量
Si25粒剤、6kg/10a
土壌潅水
Si22潅水10,000倍 4〜5/月
ネギ増収、食味向上、日持ち向上
根腐れ、軟腐病改善、先枯れ症状改善
硝酸イオン低減
土壌混和 元肥減量
Si25粒剤、6kg/10a
Si22葉面散布 2,000倍
水耕栽培 2万〜3万倍混和
ニラ増収、食味向上、日持ち向上
病気ほとんどなし、樹勢強く葉が上向き
下垂れ葉、黄変葉が少ない
土壌混和 元肥減量
Si25粒剤、6kg/10a
次作
Si22 葉面散布
白菜

キャベツ
増収、食味向上、日持ち向上
大玉化、重くて締まっている
根腐れ、軟腐改善
巻が堅く大玉化、耐病性向上
土壌混和 元肥減量
Si25粒剤、6kg/10a
病気時
Si22 葉面散布

▲上に戻る

Si22の使用方法

通常時に使用する場合

施用回数:  1〜2回/月

灌水 200ml/反・回を希釈
葉面散布 育苗期 : 1回2000倍希釈
育苗期以降 : 3000倍希釈

生育不良時に使用する場合

施用回数:  1〜2回/週、計4〜5回

灌水 200ml/反・回を希釈
葉面散布 育苗期 : 1回1000倍希釈
育苗期以降 : 500〜1000倍希釈

取扱上の注意

  • 他剤と混合する場合は、事前に少量を相互に希釈した後に混合し凝固、分離、白濁ないことを確認してから混用してください。異常がある場合は単体で使用して下さい。(単剤がお薦め!)
  • 高温時の葉面散布は濃度障害の原因になる恐れがあります。朝方か夕方の散布が効果的です。
  • 希釈倍数を守って使用して下さい。300倍以下でのご使用は避けて下さい

 


Si22・Si25 チラシ  
A4サイズ 1ページ (PDF:433KB)

▲このページの先頭へ

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません