俳句と絵手紙の二人旅

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:1,944円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

◆夫が俳句の素材を求めて関東地方を中心に小さな旅をし、これに同伴した妻が絵手紙を描く。俳句とエッセイと絵による二人の共同作業の一冊。四季折々を感じる作品集。

<俳句と絵手紙の二人旅>
(2003/07)

【目次】
第1章 ぶらりひとまわり(東京消防出初式
鎌倉極楽寺界隈
磯部温泉の恐妻碑
乱歩邸の土蔵
河津桜の原木 ほか)
第2章 心のカメラフル回転
第3章 やっぱり二人はふたり(湯の丸高原を歩く
芭蕉、最後の旅立ち
桐生川の友禅流し
中村彝(つね)のアトリエ
石田堤と忍城址 ほか)


≪著者略歴≫
まつなみ ひろし:本名・松波博。岐阜県生まれ。1970年銀行に入る。本店のほか名古屋、神戸、高松、ロサンゼルスの各支店に勤務。現在はビル管理会社の役員
まつなみ けいこ:本名・松波けい子。愛知県生まれ。1973年、松波博と結婚。1987年より、小池邦夫・恭子先生に師事し絵手紙を始め、現在「いずみの会」などに所属(本書刊行時のデータです)

《出版社》 日貿出版

商品詳細

著者/編者: まつなみ ひろし・けいこ
サイズ: A5
ページ数: 255頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません