花の水墨図案

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:1,944円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

◆春から夏にかけての花の中心に、簡略な要点説明とともに、44種を取り上げた。水墨画でよく描かれる姿と、筆勢が生かせる作例も選択。基本的に白描と没骨で描き部分図を挿入した。大小の変化や方向など、構図を工夫。

<作品づくりのプロになる花の水墨図案 ここがポイント-墨と彩色の描法>
(2005/02)

【収録の花など】 
椿/シクラメン/桜/菜の花/蓮華草/片栗/あざみ/つつじ/木蓮/スミレ/チューリップ/くわい/わさび/タンポポ/豆/水芭蕉/牡丹/バラ/アカシア/ねむのき/かきつばた/花菖蒲/菖蒲/あじさい/ヒマワリ/鉄線/ポピー/桜ん坊/瓜類/蛍袋/紫露草/生姜/月下美人/睡蓮/百合/ピーマン/サボテン/おもと/朝顔/芙蓉/露草/キキョウ/水仙/南天

≪著者略歴≫
藤原 六間堂(ふじわら ろっけんどう):本名・秀樹。1957年、斉白石門下生の三鼎の一人といわれた藤原楞山の長男として、岡山県に生まれる。楞山を師として、中国画壇の画家との交流を続け、1989年に中国蘇州教育学院芸術科水墨画名誉講師となる。水墨画虎杖会主宰。金石六友会主宰。山陽新聞カルチャー教室講師。1977年以降、毎年中国へ交流取材旅行。1980年以降、岡山県内にて毎年個展を開催。1997年、2004年に日貿出版社主催の水墨画講習会講演(本書刊行時のデータです)

《出版社》 日貿出版

商品詳細

著者/編者: 藤原六間堂
サイズ: A5
ページ数: 159頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません