季刊水墨画別冊22 構図入門

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:1,944円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

●水墨画描法の基本を気づかせてくれる、14テーマなど。

≪別冊22 特集 構図入門≫

 古くから中国では、水墨画論が著述され、それが今もいきていて、水墨画を東洋芸術とする大きな基礎になって支えている。そういうものも含めて14のテーマにし、画例を掲げ、線などで図示しながら見ていく。
 「疎密」は画面の一部をまばらにし、他の一部を密集させる。「開合」は広く開いた部分と、対象が合わさった部分とで構成する。「虚実」は、描いてはいるがぼかしたり淡く表現した個所と、画家が本心から訴えたかった個所を分けて、「実」を強調する。「実」が、作品に占める面積の比率では小さなことも往々にしてある。 「角度」は点景などが、画面の垂直・水平の線に対して占める角度をいうが、鋭角と鈍角を組み合わせるなどして引き立てる。「繁簡」は、繁雑と簡略。例えば生い茂った樹木と、さっと薄墨で簡潔に象られた道。これを繋ぐ中間部分が組み立てる風景。右図。「曲線」は、人体など主要な対象が見せる大まかな動線を生かす構図法。「三段階」は遠景、中景、近景を結びつけながら動きの要素も導入する方法。
 加えて、写生の心得と注意点、深遠・高遠・平遠の三遠法などについても、構図との関連性を含めて述べた。水墨画描法の基本のおさらいをさせてくれる。

≪主な目次≫ 
◆構図法 1疎密/2開合/3虚実/4軽重/5呼応/6道の表現/7角度/8バランス/9強弱/10繁簡/11中間を開ける/12曲線/13前方を詰める/14三段階 
◆トリミング/写生の心得/三遠法/基本要素

《出版社》 日貿出版

商品詳細

著者/編者: 藤原六間堂
サイズ: A4変形判
ページ数: 80頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません