篆刻を愉しむ本

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:2,160円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

◆篆刻とは何か―この問いかけに本場中国の感覚と技術でいともやさしく答を出して行く。「どういう材料がよいか」から、「出来上がった印の書画への捺し方、印譜の作り方」まで、本書で色々学んでいく間に楽しい展望がひらけてきます。練習用転写シール付。

<主要目次>
●まえがき
【第1課】篆刻用具の説明
【第2課】篆刻の印材と石の選び方
【第3課】石の磨き方
【第4課】刻刀の持ち方
【第5課】刻線の練習
【第6課】字を彫る練習
【第7課】篆刻の歴史を三句で表す
【第8課】金印風の印を摸刻する
【第9課】個性的な書の印風を摸刻する
【第10課】石の持ち味の印風を摸刻する
【第11課】習作『学有所得』
【第12課】側款を彫る
【第13課】篆刻の文字新考
【第14課】字典と参考書
【第15課】印の種類と使用範囲
【第16課】押印の正しい方法
【第17課】印泥の色感分析と使用
【第18課】石印の保存(日本の方式・中国の方式)
【第19課】現代日本の篆刻と中国の篆刻比較
【第20課】篆刻作品の展示形式と内容
【第21課】印譜と印箋
●書画用印の調和考
●一日篆刻教室/速成篆刻/中高生篆刻の授業用教材

《著者略歴》
王 小愛(おう しょうあい):1953年、中国生まれ。1989年より日本に定住。中国美術学院中国画系にて書法、篆刻、タペストリーを研修・選修める。北京栄宝斎に於いて美術工作員、中国芸術研究所所長。

《出版社》 木耳社

商品詳細

著者/編者: 王小愛
サイズ: A4変型判
ページ数: 80頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません