漢 長安城 骨簽書法

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:8,640円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

◆1986年に前漢時代の都、長安城遺址から出土した『骨簽』(骨片に刻まれた文字記録)の中から、精選した178枚を拡大図版で示し、釈文・模本を付け、漢時代の多様な書体の展開を示した。文字変遷の空白を埋める貴重な発掘資料の全容がついに明らかになる。

《編著者》
劉 慶柱(Liu Qingzhu):1943年、天津生まれ。1967年、北京大学歴史系考古専業卒。現職は、中国社会科学院考古研究所所長、研究院。徳国(ドイツ)考古研究院の最高の栄誉とされる「外藉院士」(外国会員)に選ばれる。『考古学報』主編を兼任。長く、中国古代都城、帝陵の考古研究に従事。1973年以来、漢唐都城と帝陵遺址の考古的発掘を指導的立場で行う。
《編著者》
小原 俊樹(おはら としき)(号、撫古):1953年、長野県松本市に生れ。東京学芸大学書道科卒業。現職は福岡教育大学美術教育講座(書道)教授。芸術教室―書美領域にて、「篆隷書法」・「生涯学習と書」等を担当。作品は、過去、日展・読売書法展・毎日書道篆などに篆刻作品を中心に発表。現在はフリーで活動。

《出版社》 木耳社

商品詳細

著者/編者: 劉慶柱・小原俊樹
サイズ: A5判
ページ数: 420頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません