図説 書法用語詳解

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:3,024円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

◆多くの書道用語の中から重要と思われるもの、又これまでの書道用語辞典に掲載されていないものなどの中から80項目をとり上げ、内容別に分類して豊富な図版と古今の書論を引用しながら分かりやすく解説した。高校・大学の書道テキストに最適。書道愛好家必携。

<主要目次>
●書道とはなにか
散/如/書道
●書道の理想
自然/心手相応/天真爛漫/意先筆後/沈着痛快
●心の在り方
児童純気/書巻の気/韻/韻・法・意/一気貫注/神采
●筆の使い方
蔵頭護尾/蔵鋒/中鋒/透紙/信筆/撚筆/提按/無垂不縮・無往不収/逆筆/筆力
●筆の運び方
方・円/筆勢/疾・渋/断勢/遠勢/截・?/空中揺筆/筆断意連
●筆の心
筆意/熟後生/拙/骨
●美のランク
書品/天然と工夫
●書作の心
心正筆正/興/九生法
●書法の秘訣
屋漏痕/錐画沙
●文字空間の在り方
行間茂密/疎密/計白当黒/正奇
●墨の使い方
摂墨/墨法
●書の学び方
熟観/臨書/臨摸/空臨
●筆の持ち方
懸腕/指実掌虚/五字執筆法/撥鐙法
●書法用語項目索引

《著者略歴》
森 高雲(もり こううん):東京学芸大学書道科卒。立正大学講師、淑徳大学オープンカレッジ講師、県民大学講師。茨城県立岩井高等学校、水戸第一高等学校、下館第二高等学校教諭を歴任。書道一元会同人、常任理事、審査員。茨城書道一元会同人、理事長、理事長、審査員。書学書道史学会会員、研究誌「書と書論」同人、編集員。書道誌「活法」参与、審査員、書道白雲会主宰。

《出版社》 木耳社

商品詳細

著者/編者: 森高雲
サイズ: A5判
ページ数: 320頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません