続・図説 書法用語詳解

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:3,024円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

◆古書論の研究に心血を注ぐ著者が、書家の立場から書の表現と技法に関する用語について解説した。基本的な技法用語を取り上げ、公表を博した『図説 書法用語詳解』の続編。本書では前書で盛込み切れなかった項目を扱い、図版入りで丁寧に解説した。

<目次>
●美の表現
美/妙/古/新/和/変化
●書の基本概念
リズム(筆の振動)/造形(造型)/推移奥?/霊台/法/心画
●基本点画の在り方
起筆/行筆(送筆)/収筆/転折/一波三折/糸牽/永字八法/点画・使転(直・曲)
●神わざと生命力
風神/神/気/骨気
●さまざまな用筆
八面出鋒/刷筆/側筆/病筆/骨法/遅速
●字形のとり方
結字/参差
●書体の書法
篆書/篆筆/隷書/隷筆/草書/草法/楷書/行書/飛白(飛帛)
●執筆と姿勢
回腕法(廻腕法)/身法/筆意
●書法故事
入木三分/換鵞/書聖/匆匆不及草書/臨池/夏雲奇峰/飛鳥出林/驚蛇入草/筆塚/抽刀断水/蚯蚓筆法/
●書法用語項目索引

《著者略歴》
森 高雲(もり こううん):東京学芸大学書道科卒。立正大学講師、淑徳大学オープンカレッジ講師、県民大学講師。茨城県立岩井高等学校、水戸第一高等学校、下館第二高等学校教諭を歴任。書道一元会同人、常任理事、審査員。茨城書道一元会同人、理事長、理事長、審査員。書学書道史学会会員、研究誌「書と書論」同人、編集員。書道誌「活法」参与、審査員、書道白雲会主宰。

《出版社》 木耳社

商品詳細

著者/編者: 森高雲
サイズ: A5判
ページ数: 280頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません