和漢墨宝選集27 自 叙 帖

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:8,100円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

■日本と中国の墨跡単行本シリーズ。高級コロタイプ印刷で肉筆さながらの影印。さらに学習者の便宜をはかり各頁左にその頁の釈文・訓み下し文を付しております。

◆〔27:懐素 自叙帖〕

唐代における狂草の大家として、張旭と懐素がいる。その中、芸術性の最も豊かなのは懐素であり、その自叙帖である。
元来、草書は人間の感情を書としてあらわす場合、最も自由がある。元大でも草書が流行しているのは、感情の表出に優れているからである。懐素の草書は、非常に清潔で日本人に適しており、妙に脂ぎったところがない。似ているといえば良寛の草書である。彼独特の空間の自由な、いいかえれば間のいい作風であって、日本人の草書の研究には、欠くことのできない名蹟である。

《出版社》 書芸文化新社

商品詳細

サイズ: 31.6*13cm
ページ数: 54頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません