上代かな手本1 高野切第一種

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:2,057円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

■平安朝の代表的仮名及び漢字を原寸より三倍から五倍に拡大し、優れた技法とその真価を伝える展大手本です。本書によって原寸に隠されている複雑なうまさを知ることができます。

◆〔1:高野切第一種〕

「高野切には三人の筆蹟が含まれているが、この三書風は、平安時代の仮名書道の遺品のうちで最高の位置にある名筆である。仮名の美を最高度に発揮したのは、もちろん平安時代であり、その平安時代の中でも高野切が第一である。研究者は何をおいてもここを母体としなければならない。」
「第一種の書風は、典雅性が高く、そして仮名の優麗性も豊かである。墨継が巧妙であるので明暗は紙面を美しく飾り、用筆は直筆で抑揚開閉が微妙、曲経の旋廻が自由である。他の二種類より技巧的に複雑である。」

《出版社》 書芸文化新社

商品詳細

サイズ: 28.5*10.5cm
ページ数: 50頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません