西川寧著作集 第6巻

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:7,865円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

他に、こんな商品はいかがですか?

商品説明

■「西川寧先生は書の研究と創作の両面にわたり大きな足跡を示し、書道家初の文化勲章を授章。その厳密な学的研究の上に構築された芸術は現代日本書道の精神的支柱であり、書道史学の大成者としては常にリーダーでありつづけた。自らの構想による本著作集は、単に西川書学の集大成であるにとどまらず、不世出の鬼才により斯界にもたらされた比類なき文化遺産である。」

◆〔西川寧著作集 第6巻:雑纂一〕

●猗園雑纂

〔I :中国の書道〕
晋人の墨跡/楽毅論二種/石刻と写経/蘭亭十三跋/羅両峰のかいた丁敬身像/宋徽宗の桃鳩図/臨書について/龍門造像銘の面白味/崔敬ヨウ墓誌を臨す/爨龍顔碑を臨す/書の紙幅の形式について/宋拓薛氏款識/鄭板橋自書の潤例/金冬心の題画記

〔II :一梧軒札記〕
泰山の金剛経/芭蕉/臨学/南画院その他/書法八手/参考品/文房種々/漫語/梧竹翁の書/驢車売字記/「モダーン書道」論/第五回東方展の篆刻

〔III :猗園随筆〕
或る書道展の感想/一つの思い出/表札をとられた話/芭蕉の葉/「さざゑのふた」の後に題す/写経素人談議/展覧会雑感/ある後記

〔IV :江南江北〕
蘭亭/憶江南/江南の金石/燕京通信/山東の旅/旧跋/再刻跋

●春興集

●雑集
〔I :小論〕
与木下春陰論書尺牘/書というものに対する考えの一端/赤人をよみて/『せせらぎ集』と『眼花集』/晋祠の友へ/藝文における書道の意義について/玉の藝文/吉羊?墨/顔書の系統/書を学ぶ順序/聴雨夜譚/雪窓剪灯録/朱曇思造塔記について/小倦遊閣草書について/高等部・漢字・臨書解説/胡?篆書学習法/北京文人の書/醍醐天皇宸翰白居易詩句/明清人の字あれこれ/明清書扇六種/八大山人の書画/八大山人と苦瓜和尚

〔II :中国流覧〕
中国の正月と門神/北京より/中国流覧/中国流覧北京歳暮篇/中国流覧北京開春のスナップ/カットについて/北京買字譚

〔III :猗園雑話〕
春湖先生/試演会以後/思いつくまま/なつかしき野性/瑞香先生を憶う/一梧軒札記/装?の好み/吉語印の釈文について/餓鬼道/須羽氏へ/秋田だより/豊道春海氏還暦賀筵挨拶/春坡先生/一六翁の尺牘/一六翁の尺牘・二印人の書/鶴翁の執筆/高等部・漢字・臨書概評/主幹就任のことば/帰朝の御挨拶/主幹主任のことば

〔解説〕角井博

《出版社》 二玄社

商品詳細

サイズ: 菊版
ページ数: 546頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません