篆刻文字 4 (金文)

書遊 BOOKs

(ショップページで詳細を見る特定商取引表示(返品について))

販売価格:1,887円(税込)

数量:

カートに入れる

お気に入りリスト0人の登録ユーザー

お気に入りリスト

この商品を買った人はこんな商品も買っています

商品説明

■伝統的な字体を生かしながら、“現代に生きる”美しい形を追求した篆刻デザイン文字集です。愛好者の鑑賞・模写・臨書用の他、デザイン資料にもご使用ください。実作に便利な裏文字(鏡像文字)付き。

◆(まえがきより)「金文は殷代に始まる青銅器時代に誕生し、周代に絶頂期を迎えた三千年以上の歴史をもつ中国の古代文字です。当初は鐘や鼎など青銅器を鋳造する際に多く用いられたため、「鍾鼎文」や「吉金文字」などとも呼ばれています。」
「金文はまず毛筆で書かれ、鋳型にしてから鋳出・鋳刻されるのが一般的でした。そのため、金文には筆の味わいだけでなく金属のもつ重々しさや鋭さが備わり、それが微妙な好ましさを形成しています。また本来、絵文字や象形文字に近い構成原理に基づく文字であるためか、古代人の強靭で明朗な思考がじかに私達に伝わってくると言えるでしょう。特に周代の金文は、漢字の構成美が極限にまでおし進められました。その重厚で華麗な装飾性はまさしく空前絶後であり、長く篆刻文字や書の典範として尊崇される一方、美術デザインの未来を予感させる想像力の源泉として、現代でも高い評価をかち得ています。」
「本書では金文の古代的な象形性を正しく継承しながら、当時存在しなかった文字についても新たにデザインを試みました。その数は全体の七割に達します。古代文字の伝統を守りつつそれを現代に生かし、創造的な発展と保存を目指す事がその目的です。」


《凡例》
1. 本書は、JIS(日本工業規格)第一水準に基づく漢字、人名用漢字(1990年1月制定分も含む)、ひらがな、カタカナ、アルファベット、数字など約3500字を収録したものです。
1. 本書の字体は楷書体成立以前の古い伝統的なものであるため、ほとんどが旧字体に近い形を採用していますが、現行の新字体に対応するように新たにデザインしたものもあります。これらの場合すべて旧字体を( )の中に示し、補遺として収録しました。
1. そのほか重要と思われる異体字、関連の字なども( )の中に示し、補遺として収録しました。
1. 本書は右頁に朱の篆刻例、左頁には彫刻時の下絵や参考となるよう裏文字(鏡文字)を黒で配しました。

《著者プロフィール》
王 超鷹(Wang ChaoYing):1958年、中国上海生まれ。九歳から篆刻を始め、13歳で上海工芸美術公司に入社。以後、同社デザイン部に属し、篆刻・中国画・書法・剪紙など中国伝統芸術の専門家としての道を歩む一方、上海市黄甫区業余大学で古文字学を専攻。1987年、来日。現在は現代デザインを学ぶかたわら美術デザイナーとして活躍中。著書に「新楷書体」、「新行書体」(いずれも馬放南と共著、マール社刊)など。

《出版社》 マール社

商品詳細

著者/編者: 王超鷹 著
サイズ: 新書判
ページ数: 186頁

他の写真

商品レビュー

Facebookアカウントをお持ちでない方は書込みできません